ふつつか者の兄ですが(4) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886689

作品紹介・あらすじ

彼氏・夏井とラブラブで、青春を謳歌している女子高生・田処志乃。だが志乃は原付で事故を起こしてしまい、入院してしまう…。一方、オトナの階段を徐々に上っている元「引きこもり」の兄・保は、漠然とだが、「ボクサー」に憧れをもっていることを実感し始めた。兄妹の関係が変化していくにつれ、さらなる事件が起こる、起こる、起こる!! いま、一番エキサイティングな家族物語です!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 保兄ちゃんにしろサキちゃんにしろ、
    抑えてた想いや動かずにいた時期を開放すると、
    一気に外界との接点が増えて動き始めて、
    自分に戻ってくるものも周囲への影響も大きくて、
    それまでを抑えてただけに、その変化には戸惑うでしょうね…。
    できればみんなにいいようになってほしいのだけれど。
    さて、この先この世界の人々はどうなっていくのでしょう(´・ω・`)。

  • 志乃踏んだり蹴ったりだったな。
    入院中にサキちゃんと夏井がキスしちゃうとは!
    そこからもうずっと気まずいまんまで結局別れ話になっちゃうし。

    あと志乃、サキちゃんの気持ち気づいてたんだなー。

    対して保はキックボクシング始めてジムの人たちとも仲良くなって、飲みに行き、そのあとクラブへ繰り出したら、前にバーベキューで出会った女子大生と再会してキス!ほんと急展開!

    この兄妹どうなることやら。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

日暮 キノコ(ひぐらし きのこ)
第29回別冊フレンド新人まんが大賞で佳作を受賞しデビュー。独学でマンガを描いてきたが、デビュー以後に多くのマンガ家のアシスタントを担当し、研鑽を積んだ。主な著作に、2014年にNHK BSプレミアムでドラマ化された『喰う寝るふたり住むふたり』。アラサーカップルのほのぼのとした日常を描いた。ほか、『モンクロチョウ』『ふつつか者の兄ですが』など。『個人差あります』を連載中。

ふつつか者の兄ですが(4) (モーニング KC)のその他の作品

日暮キノコの作品

ツイートする