とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.24
  • (119)
  • (100)
  • (45)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 1176
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886900

作品紹介・あらすじ

小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵がしっかり描き込まれているのに重たい印象を受けません。西洋の版画と日本の漫画が融合したようなテイストです。

    才能は持って生まれてくるものなのか、自分の中から見出し育むものなのか……そんなことを考えさせられた1巻でした。

    続きが気になります。

  • ついつい本屋さんの宣伝を見て惹かれて試し読みをしたら、見事に世界に引き込まれてしまいました。
    丁寧に書き込まれた1コマ1コマはまるで絵本をめくるように進み、人物も装飾も背景も設定もステキなファンタジー世界に誘ってくれるようです。

    禁止魔法に関わる謎、主人公の少女・ココがこれからどういう道を歩んでどんな魔法使いになるのかとても楽しみです。
    そしてキーフリー先生も謎の存在だけどステキです…。

  • ジブリがハリー・ポッターを作ったらこんな感じな気がする。そこまで新しいことをやっているわけではないのだけれど、既存のジャンルや世界観からのわくわくの選び方・取り出し方がとてつもなく上手い印象。高純度・高洗練。フデムシ可愛い。

  • この漫画すきー!てなる1巻でした。
    大切に何度も読みたい。

  • "「ありがとう!」
    「え?」
    「ありがとうって言われるの大好きなの!
    だから ありがとう!」
    「え…えーっとそうなんだ…?ありがとう…」
    「こちらこそありがとうのありがとう!」
    「まだ続くんだこれ…」"[p.75]

  • イラストに、
    世界観に、
    お話に、
    全部ぜんぶに惹かれました。

    いい!すごくいい!
    これは、誰かにお勧めしたい!(^o^

  • 帯の文句通り西洋ファンタジーの空気感があり面白かったです。
    ただキーフリー、もとい魔法使い達がココを利用している感が強く出ていて、世界が広がるワクワクよりもココを心配してハラハラしていました。

  • 新刊。紙で読みたかったお話だったので遅くなった。やっと読めた。緻密に書き込まれた絵がこの世界における魔法の成り立ちや扱いとうまいこと噛み合っていてとても素敵だ。続きも楽しみだ。

  • 絵が綺麗で構図もしっかりしていて思わず手にとった。
    なんとなくミュシャやアール・ヌーボーの時代を彷彿とさせる。
    でも作り込まれていて読みにくい感じもなく、物語に入っていきやすい。

    魔法使いにあこがれる女の子が主人公。魔法の仕組みが面白いし、主人公が愛らしくおもわず応援したくなるし、不穏な影が気になるしで既刊の4巻まで一気読みした。

    ファンタジーが好きな方には特におすすめ。

  • 小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。

全82件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京藝術大学デザイン科を卒業後、フリーのイラストレーター、漫画家として活動。「マーベル・コミック」や「DCコミックス」、「スター・ウォーズ」等のアメリカンコミックスの表紙も手がけている。他作に『エニデヴィ』(全3巻)など。

「2018年 『とんがり帽子のアトリエ(4)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)のその他の作品

白浜鴎の作品

とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする