バンデット(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886979

作品紹介・あらすじ

鎌倉時代末期。商人こき使われる奴隷身分の下人・石は、ひょんなことから武士にとらわれた謎の男・猿と出会う。協力し合ってなんとか自由を手に入れた二人。しかし、猿の口から出たのは、信じがたい言葉だった。「これから、700対2の戦を始める」太平の眠りをぶち破る驚天動地の歴史活劇が開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 南北朝時代という中々お目にかかれないジャンルで、
    1話からの2対700という逆境に惹かれる。
    策略家の「猿」と元下人だが頭は回る「石」のコンビが今後どう活躍するかは期待大。
    ただ新人漫画家というだけあって、絵面に圧がありすぎて逆に読みにくいので、力を抜いて書く技法も今後上がっていくと嬉しい。

  • 太平記といえば高島兄弟の足利兄弟に、鶴太郎の北条高時の大河のイメージが強いです。あれはいつの大河だろう。
    「偽伝太平記」となっているので、様々な脚色されていくのだろうとは思いますが、わくわくしてます。
    物語は、播磨国の赤松村から始まります。下人の石と謎の男・猿。猿の知識人っぷりがすごい。当代の人間ではない印象です。

    1巻最後で登場した大塔宮。足利兄弟より先に登場。若さ溌剌。後の出来事知っているだけに、今の輝きが余計にまぶしく映ります。

    石は歴史上の誰なのか?それとも、名もない一悪党なのか。一悪党でいいけどなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2012年、『ライズ』にて第32回MANGA OPEN森高夕次賞を受賞。2015年11月、「モーニング」「週刊Dモーニング」49号より『ボッチャン』を短期集中連載、さらに同年12月には「週刊Dモーニング 新人増刊2015冬号」にて『南北朝キングスメン』を発表し、読者の話題をさらう。太平記を題材にした歴史活劇『バンデット』(全6巻)で連載デビュー。

「2019年 『KILLER APE(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河部真道の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×