デビルズライン(9) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (9)
  • (16)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886986

作品紹介・あらすじ

警視庁の地下駐車場で起きた爆発は、明らかに菊原を狙ったものだった。CCCのメンバーが何者かに消されていく一方で、鬼関連の法案も立て続けに成立する。鬼が急速に認知されていく中、異物として忌む集団が暴力によって鬼を排斥しようとしていた――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 牧村さんイレブンだけはやめてくれ。苦手だ。最初の頃とほぼ別人だしさ。もう少しほっそりしてた気がするのに、怪我して顔腫れてるのかなって思うくらい顔膨らんじゃってるし。いい雰囲気だけど好きだなぁって思っちゃってるけど、今一度考え直して欲しい。沢崎さんとジルも、もしかしたらの関係になるのかな。人と鬼だけど。ただ沢崎さんが何度か顔色悪く見えるのは怖がってるからじゃないよね?安斎さんが菊原にかけた友達だったのに忘れててごめんみたいな言葉がもう子供っぽいなーと思ったけど、子供の頃の話だから仕方ないのね。心なしかその話してる時の安斎さんの顔も子供っぽく見えた。この巻は忘れかけてた以前出てきた駅員さんやつかさを襲った大学の先生が出てきて軽く懐かしめた。

  • 一転、どうしたんだというくらい恋愛キュンキュンモードだが、まぁ、こういうのもたまにはいいか。随分と当初のキャライメージが変わってきたが…。とにかく牧村が生きていて良かった。

  • 話がもうわけわかんない(笑)イレブンが超苦手なんで、牧村にはぜひともそのままでいてほしいわ。しかし、イレブン姉のしわざだと思うけど、妹憎し、牧村憎しで通報はないんじゃない?ってか、警察に追われてたっけ?ハンスはどうして放浪してるんだった?

  • もうあっちでもこっちでも恋愛が同時多発的に進展しててどうしよう!という9巻。
    ちょっと少女漫画ちっくになってきたな。全然嫌いじゃないけど(笑)
    沢崎はなんでいちいち青ざめるの!真面目過ぎるゆえかな?うまくいっても、鬼とヒトだからなぁ。変に関係がこじれないといいな。
    牧村は麻夕ちゃんのことが愛しいんだね。
    イレブン嫌いだったけど、可愛く見えてきたな。始めの印象と全然違う。絵も変わってるけど。
    家族との和解はよかったのに、お姉さんは残念だったな。実はすごく妹思いなのかと期待したのに、最後の顔に背筋が寒くなった。
    そして菊原は相変わらず、言動が子供みたいだな。

  • レーロク牧村とイレブン麻夕の短い潜伏生活がメインっぽい9巻目。この2人、いい感じになってきてるようですが、それが今後のバッドフラグっぽくてソワソワするというか…。にしても、麻夕さんの顔、いまや人物紹介カットと別人もいいとこなんだが。コンプレックスを強調してるにしても、酷すぎな気が。まー、今の方がかわいげがあって良いけどな。

  • 人間ドラマの描写が本当にうまい!
    みんなが葛藤しつつ相手を思いやってて、関係を築いてゆくさまに感動。良作…

    そして初登場時には考えられないほど麻夕ちゃんが可愛くなっていく。報われてほしいな…
    みんな健気でまっすぐで愛おしい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

2013年3月『デビルズライン』で連載デビュー(掲載誌『モーニング・ツー』)。小食系で草食系。たまに室内で走る。

「2016年 『デビルズライン(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デビルズライン(9) (モーニング KC)のその他の作品

花田陵の作品

デビルズライン(9) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする