インベスターZ(17) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (3)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 158
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063887105

作品紹介・あらすじ

神代、投資部主将を引退!新主将に任命された渡辺は、重圧に耐えきれず…。創部以来、130年間守られてきた「後継者自動指名制度」。米・老舗名門企業GEにも共通する仕組みがあると知り、財前は考案者である初代主将で曾祖父の龍五郎に強い興味を抱く。……と、気付くとそこは明治41年!学園創始者・藤田金七&龍五郎にまさかの遭遇!!果たして財前は現代に戻ってこられるのか!? 時空を超えた第17巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本巻で学んだこと

    ●GEの歴史とCEO育成→組織から感情(恐怖と嫉妬)を排除した仕組み作り
    ●鈴木商店の歴史
    ●投資コラム(中小企業の継承、リーダー育成プログラム)

  • たかが金のこと
    GE トーマスエジソン

    感情でものはダメになる

    赤い褌 大義名分
    疑いを持たずに従うものこそルール

    稼ぐことこそ至上命題
    謝る必要はない

  • 後継指名は自動的だから良い
    GEが成功例
    ダウ構成銘柄で唯一残存している
    「クロトンビル」で後継者を選抜

    組織が崩壊する最大の元凶は私心
    感情、嫉妬と恐怖
    社会の決め事やルールとは何かを信じ込ませて人を動かすための道具

    大事は少人数で行うのが成功の常道

    鈴木商店
    金子直吉
    絶頂期を迎えると、財閥からの嫉妬で倒れた
    ライプドアも同じ

    個人に説明責任などない
    ただの自白の強要
    人には言いたくないことは言わなくていい権利がある
    日本人はどういうわけか秩序に従順で組織に忠誠を尽くす
    しかし組織は端から個人に忠誠心など求めていない、個人の能力の最大限の発揮と成果のみ

    たかが金

    日本経済を支えているのは、中小企業
    日本の会社の99.7%が中小企業
    ただ、事業継承が上手くいっていない、特に地方
    CRCはそこをなんとかしてくれるコンサル

    リーダーシップに必要な能力とは、クロトンビルでは自己認識能力、共感能力、文脈読解能力の3つ、特に大切なのが自己認識能力

    今世界は「VUCA」の時代
    volatility(変動)
    uncertainty(不確実)
    complexity(複雑)
    ambiguity(曖昧)
    予測不能な出来事が起こる時代
    リーダーシップとは変化に対応すること

  • 鈴木商店の歴史が面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。
代表作に『ドラゴン桜』『インベスターZ』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。
『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。
現在、「モーニング」にて『ドラゴン桜2』を連載中。

「2023年 『アルキメデスの大戦(32)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田紀房の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×