会長 島耕作(8) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063887136

作品紹介・あらすじ

アジアのラストフロンティア・ミャンマーで視察中の島耕作。農業に対するポテンシャルの高さに注目し、革新的な方法で日本酒を製造する桜沼酒造と共に“日本酒造り”プロジェクトに挑む。しかし、中国の裏社会の王・曽烈生に執拗につけ狙われた島は、現地女子社員の家に身を隠すもついに発見されてしまう。一方、島の秘書・三代はミャンマーで出会った麗しい男性・武部に恋をしてしまう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回は日本酒、あと…

  • なんだか難しくなって来た⁉

    事前リサーチは作者自身なのだろうか?

    ( ̄▽ ̄;)

  • ミャンマーが、本巻の舞台。

  • 日本酒。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、74年漫画家デビュー。
85年『人間交差点』(原作 矢島正雄)で第30回小学館漫画賞青年一般部門、91年『課長 島耕作』 で第15回講談社漫画賞一般部門、2000年『黄昏流星群』 で第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、03年同作で第32回日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年には紫綬褒章を受章している。
主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』 『加治隆介の議』 など多数。現在は『社外取締役 島耕作』(「モーニング」)、『黄昏流星群』(「ビッグコミックオリジナル」)を連載中。

「2023年 『逢いたくて、島耕作(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

弘兼憲史の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×