ふつつか者の兄ですが(5) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.15
  • (0)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063887242

作品紹介・あらすじ

クリスマスイブに恋人・夏井と別れ話をすることになってしまい、どん底状態の田処志乃。一方、クリスマスイブに女子大生・エリナにファーストキスを奪われ、気分アゲアゲな兄・保。兄妹の仲が変わり、兄妹の関係が変化していく。そして、保は女性に、志乃は夢に、次第に興味が向いていく…。兄や妹がいることの大変さ、楽しさが詰まっている、いま一番エキサイティングな家族漫画、怒濤の展開です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 保と志乃の状況が見事に逆転する5巻め。
    何かに傷ついたりとか、何かで自信を得たり失ったりとか、
    そんなことで割と簡単に人の行動は変化する。
    だからなぁ、自分が今そうでないからといって、
    あまり簡単に人を批判したりできないよなぁと思います。
    次で最終巻になるのかー、どんな着地を迎えるのでしょうか。
    それにしても、男ってやっぱり女性に振りまわされちゃうのね(^^;。

  • 夏井頑張れ!!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

日暮キノコ:第29回別冊フレンド新人まんが大賞で佳作を受賞しデビュー。主な著作に『喰う寝るふたり住むふたり』『個人差あります』『モンクロチョウ』など。

「2023年 『喰う寝るふたり 住むふたり 続』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日暮キノコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×