へうげもの(24) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.81
  • (7)
  • (11)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063887358

作品紹介・あらすじ

徳川の世に「楽」も「へうげ」も無用。家康&秀吉暗殺未遂事件の首謀者として織部逮捕。後藤又兵衛、真田信繁、松平忠輝、松平忠直ら、乙な男たちが東西の狭間で血潮をたぎらせる。豊臣せん滅へ家康最後の猛ダッシュ。大坂夏の陣、九回裏死屍累々。古田織部はなお笑う!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あんとくやまと店

  • 話の展開はわかっているのだが、引き込まれて読んでいく。古田織部の最期も近いのかな。最初とは違い、年の功かドッシリと構えている織部夫妻に好感が持てる。この漫画を読んでいると織部焼きに非常に興味があります。。

  • 大坂夏の陣の数日間。

  • 史実と伝承と創作が入り混じった歴史作品。先がどうなるか大筋ではわかっているはずなのに、先が読めない不思議な作品。もう終盤も終盤ってことは理解していますが、それでもこの作品はまだまだ続きそうな気がしてなりません。

  • やっぱり、良い

  • 豊臣が終わった。
    金のつながりだったはずなのに、とか、
    真田幸村の呪いは面白いですね。

  • 数寄とか茶の湯とかあんまり関係なくなってきた。
    次で最終巻か。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1968年、新潟市生まれ。大学在学中、「ちばてつや賞」に『大正野郎』で入賞。コミックモーニング(当時)より、同作品でデビュー。『デカスロン』『度胸星』『へうげもの』など、斬新な着想、大胆な描写で、野心作を世に放ち続けている

「2019年 『望郷太郎(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

へうげもの(24) (モーニング KC)のその他の作品

山田芳裕の作品

ツイートする