TRANSIT(トランジット)26号 美しきオランダ・ベルギー (講談社 Mook(J))

制作 : ユーフォリアファクトリー 
  • 講談社
3.82
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063898569

作品紹介・あらすじ

【現地取材】美しきオランダ・ベルギー~ヨーロッパ最後のファンタジア
・オランダ/アムステルダム:アムステルダム24時間  夏のある日、アムステルダムに24時間滞在して、“自由と愛の街”の“今”を切り取った。
・ベルギー(ワロン地方)/ナミュール・ディナン 他:幻影美術館  ベルギー南部・ワロン地方に点在するマジカルな雰囲気をもつ古城たちは、夢と現実の境界を曖昧にする。
・オランダ・ベルギー:絵画をめぐる不思議な冒険  レンブラントやフェルメールを輩出したオランダと、15世紀に美術シーンが花開いたベルギー・フランドル地方のアートをめぐる旅。
・ベルギー・オランダ:食をめぐるファンタジー 新しい街を訪れる度に変化する食とビールの味。ベルギーとオランダを巡るなかで出会った食と人の物語。
・ベルギー/アントワープ:ファッションをぶっ壊せ きらびやかなファッションショーと、舞台裏のモデルたちの肖像。華やかなステージの表と裏を写し出す。
・ベルギー・オランダ:世界最古の動物園と森に眠る幻想遊園地 写真家が子ども時代を過ごした地を、大人になって再訪。世界最古の動物園と幻想的な遊園地をめぐり、幼少期の記憶を辿る。
・ルクセンブルク:“おとぎの国”に住まう人びと ヨーロッパの大国に囲まれた小さなおとぎの国で、風景や人々に触れた1週間のロードトリップ。
・ベルギー/ブリュージュ:死都にて君を想う ノスタルジーとファンタジーが溢れる古都に迷い込み、過去と現在が交差するような時空旅行へ。
【第2特集】 ・オランダ人の一生~もしオランダ人に生まれたら? 教育、労働、医療などをキーワードに、合理的で自由なオランダ人の一生を疑似体験!
【その他】 ベネルクスはEUの元になった!?~遡り歴史絵巻/星たち:小林エリカ書き下ろし/オランダ・ベルギー絵画の時間/ベルギービール大全/フランダースの犬の謎/オランダ・ベルギーの美男美女/ベネルクスの天才とその系譜
【特別付録】・BOOK in BOOK オランダ デザイン万博 建築からインテリまでオランダデザインのすべてが解る!
・ベルギー 美食カード 伝統料理からスイーツまで素敵なカードに!
【豪華連載】大森克己/川内倫子/椎名 誠/小林エリカ/岸田 繁(くるり) 他

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オランダで2.8年生活した私にも知らないオランダ知識が満載でした。流石TRANSIT。

    オランダもベルギーも田舎がおすすめです。

    特にオランダの高低差のない田園風景は他のヨーロッパでは見れないし、美しい。ひたすらまっすぐの高速道路からは空の広さに驚く。遥か彼方で雨が降っているのが見える。綺麗に並ぶ並木道。

    『世界は神が創った、オランダはオランダ人が造った』
    と言われる。私から見えると美しい田園風景もオランダ人からするとなんだか人工的でキモチ悪いらしい。

  • 2014-10-26

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

TRANSITとは? 
世界のさまざまな風景やファッション、食、音楽などの文化を、“旅”というフィルターを通して紹介するトラベル・カルチャー・マガジン。現地の空気感を伝える美しい写真と文章により、世界を見つめる新たな視点を提案しつづけます。




「2023年 『TRANSIT 60号 メキシコ マジカルな旅をしよう!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×