ゴロセウム(4) (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063906783

作品紹介・あらすじ

人類にもたらされた謎の物質「平和回路(ピースメーカー)」により、世界に新たな秩序がもたらされた。弾丸、ナイフ、ミサイル、核、毒ガス、生物兵器など、およそ“平和的”でないものはすべて旧時代の遺物と化した。今や優れた肉体を持つステゴロの格闘家のみが最強の兵器となったのだ! 『空手小公子 小日向海流』の馬場康誌が描く新世界肉弾アクション!!

“不死身の女”土方辰美VS“殺し屋”土方竜三。同じ血筋ながら相反する生き方を貫く2人の拳士がついに激突! 地獄の檻獄戦(ケージマッチ)、ついに開幕! 生き残るのはどっちだ!?★とどまることを知らない大統領の“騎乗欲”! 大好評の番外編も2本収録!!大統領の次なる標的は“絶滅動物”!?「騎乗遊戯3」/死の匂いがするところに奴の影あり!「死神と呼ばれた男」

プロフィール

★漫画家。11月22日生。北海道函館市出身。1994年に『超剣士 雷王丸』(コミックボンボン冬の増刊号)でデビュー。代表作『空手小公子 小日向海流』は2000年~2012年までヤングマガジンにて長期連載され、単行本は全50巻発行された。その後、続編となる『空手小公子物語』を連載。その他の作品に『ストリートファイターIIV列伝』(コミックボンボン)、『LIZARD KING』(COMIC激漫)などがある。

ゴロセウム(4) (シリウスKC)のその他の作品

馬場康誌の作品

ツイートする