はたらく細胞(5) (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
4.04
  • (64)
  • (70)
  • (43)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 1399
感想 : 57
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063907209

作品紹介・あらすじ

話題騒然の細胞擬人化漫画! 24時間365日、はたらき続ける細胞たちの活躍をお楽しみください。
★NK細胞と樹状細胞のアクリルキーホルダーが付いた第5巻「特装版」も同時発売!! 特装版には「抗菌ポストカード」も封入されています!

ヒマを持て余した細胞くんが迷子の乳酸菌と出会ったことによって巻き起こる“腸”スペクタクル巨編! 胃ではピロリ菌、腸では抗原変異した新型インフルエンザとバトル! そこに善玉菌、悪玉菌、日和見菌、そしてあの最強の敵も加わって、体の中は大騒ぎ! はたして細胞くんは迷子の乳酸菌を仲間のもとへ連れて行くことができるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回はかわいい♡乳酸菌ちゃんが大活躍。
    菌だからといってはじめは免疫細胞に殺されかけたけれど、あのピロリ菌に乳酸発射で傷を負わすことができたよ。乳酸菌ちゃんは菌は菌でも良い子のほうで、善玉菌っていうんだって。ほかに、ガセリ菌やビフィズス菌も良い子ちゃんのほうで、病原性大腸菌やブドウ球菌は悪玉、それから善玉菌か悪玉菌の優勢なほうの味方につく、日和見菌っていうのもいるんだって。日和見菌はバクテロイデスや非病原性の大腸菌とかなんだって。
    新型インフルエンザ菌との戦いでNK細胞が疲れてピンチの時にも乳酸菌ちゃんが出した多糖体のおかげでNK姉さんが復活したし、がん細胞が復活して勢力を振るっていた大腸でも悪玉菌との戦いで乳酸菌が仲間をいっぱい呼んできて、日和見菌まで味方につけて、数の利で勝っちゃったよ。
    それに、乳酸菌ちゃんはプリンが大好きでプリン体を食べてくれるんだって。普段は腸内フローラというお花畑みたいなところに住んでるんだって。

  • はたらく細胞5巻読了。
    ・ピロリ菌
    ・抗原変異
    ・サイトカイン
    ・悪玉菌
    ・がん細胞

  • シリーズ、第5弾。
    体の中の細胞を擬人化して、一生懸命働く姿を描く本作品、大変人気ですね。

    第5弾では、
    ・ピロリ菌
    ・抗原変異
    ・サイトカイン
    ・悪玉菌
    ・がん細胞Ⅱ

    本作では、あのがん細胞が、再び登場。
    迎えるは、NK細胞、メモリーT細胞、そして白血球の3人。
    その時、制御性T細胞は、どちらの味方をするのか?

    それにしても、乳酸菌って凄いですね。
    体内でとても重要な働きをすることが出来ました。

  • 乳酸菌がかわいかった!
    そしてどのような働きをしてるのかも…
    偉大だなぁ

  • 216ページ

  • 491.3/シ/5

  • 乳酸菌、めちゃくちゃ活躍するやん!

  • ↓こちらのURLをクリックすると富山大学蔵書検索画面に飛び、所在を確認できます。
    https://opac.lib.u-toyama.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB20195027

  •  

全57件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年、東京都生まれ。第27回少年シリウス新人賞にて大賞を受賞。月刊少年シリウスにて『はたらく細胞』を連載。

「2023年 『絵本 はたらく細胞 5 身近な病気とケガ かぜとたんこぶのひみつ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×