はたらく細胞(5) (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
4.01
  • (27)
  • (39)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 431
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063907209

作品紹介・あらすじ

話題騒然の細胞擬人化漫画! 24時間365日、はたらき続ける細胞たちの活躍をお楽しみください。
★NK細胞と樹状細胞のアクリルキーホルダーが付いた第5巻「特装版」も同時発売!! 特装版には「抗菌ポストカード」も封入されています!

ヒマを持て余した細胞くんが迷子の乳酸菌と出会ったことによって巻き起こる“腸”スペクタクル巨編! 胃ではピロリ菌、腸では抗原変異した新型インフルエンザとバトル! そこに善玉菌、悪玉菌、日和見菌、そしてあの最強の敵も加わって、体の中は大騒ぎ! はたして細胞くんは迷子の乳酸菌を仲間のもとへ連れて行くことができるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キラーT細胞が出したすごいパンチはなんだったのか?読み逃しした?

  • 乳酸菌から始まりガン細胞(再発?)までの話。

    乳酸菌を摂取しようとする気持ちにさせる。

    ガン細胞が人類にとって脅威にならない時代になってほしい。

  • ●乳酸菌が大活躍する巻。

  • がんとの戦いが結構山場。体内細胞が間違ってがんの味方をすることもある。体のことを漫画で面白く覚えて行くのみ良いのかな。と言うことでまあ3.5ぐらいだから今回は切り上げて4。

  • 何者かと思ったら乳酸菌か!乳酸菌、おバカそうでかわいかったwそして今回赤血球出番なしですね~。

  • ノーベル賞の研究の話、まさに制御性T細胞さんが騙されてたのから目が醒めるやつなのかな??

  • ピロリ菌、高原変異、サイトカイン、悪玉菌、ガン細胞Ⅱ
    ガン細胞編その2、意外と感動してしまった。

  • そろそろネタ切れ

  • 自分自身の細胞から出来たがん細胞と、キラー細胞達との闘い。

  • 購入して読み。

    乳酸菌がかわいすぎる。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第27回少年シリウス新人賞大賞受賞後、「月刊少年シリウス」にて『はたらく細胞』を連載中。

「2018年 『小説 はたらく細胞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はたらく細胞(5) (シリウスKC)のその他の作品

清水茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はたらく細胞(5) (シリウスKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする