神木兄弟おことわり(6) (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (2)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 94
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063921267

作品紹介・あらすじ

体育祭前日のハチマキ交換イベント。学校のみんなの前で、色葉の名前を呼んだ蒼一郎が語った想いとは!? そして、家族に交際を報告することにした2人を待ち受ける運命は!? イケメン兄弟とのキュートな同居ラブコメ、感動の完結編!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 神木兄弟というタイトルからは考えられないほど弟が空気。
    終始定番のトラブルからのイチャコラが続くだけだった。
    両親も二人の関係を軽く認め過ぎに感じた。ライトな少女マンガが好きな方には長さも含めちょうど良いかと。

  • 最終巻。なんか急に終わっちゃった感が否めない。けど面白かった。蒼一郎が学校でみんなの前で告白して公認の仲になり、次は家族を説得。燈次郎にはもっと頑張って欲しかった感が止まらない。蒼一郎から奪い取るくらいして欲しかったー。家族に報告したら、お父さんに反対され、解決策を1人で話し始める蒼一郎。色葉とお母さんは家出。それを追い掛けてきて終わった感じだったけど、なんか思ってたよりもアッサリしてた感じがする。どうしても言いたいのは、神木兄弟って言うほど弟頑張ってなかったぞって事。もっと押しまくって2人をグラグラさせて欲しかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

7月18日生まれのかに座。A型。大阪府出身。デビュー作は「世界は彼を中心に」。

「2020年 『神木兄弟おことわり リトル・ブラザー(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恩田ゆじの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×