PとJK(10) (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (0)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063921311

作品紹介・あらすじ

酔っぱらいの功太とドキドキ! そして、謎のJK・唯とカコの女の戦いがますますヒートアップ!第41回講談社漫画賞<少女部門>を受賞した大ヒット連載『PとJK』の最新10巻です☆

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さぁカバーをめくってみよう!
    未登場設定!
    佐賀野功太は大学時代にやってたバイトは居酒屋!
    愛想笑いできるもんね!


    case35・温かい家
    ダメダメ!
    なにがあろうと地元で佐賀野功太に抱きついちゃ!
    で、
    本谷歌子久しぶりに家に帰ったら父親が居てげんなり。。。
    なのに、
    佐賀野功太は歓迎振り大!
    そりゃすねるよね。。。
    で、
    家族団らんなんですが、
    佐賀野功太と本谷父が仲良いのにびっくり?!
    そりゃ、
    連絡くらい取り合ってるでしょう?
    つか、
    実家で酔ってるとはいえ抱きついて寝入っちゃうとは佐賀野功太まだまだだな!
    と、
    つくづく住む世界が違うんですよね。。。


    case36・誘導尋問
    昼顔展開。。。
    原田先生良いなぁー。
    つかね、
    学校で内緒話ってありえないんですよ。。。
    しかも禁止事項でしょう?
    廊下で夫婦とか話していいのかって思うのかぐりんだけ?
    そろそろ、
    永倉二郎も悟っちゃうと言うか聞いちゃうんじゃない?
    で、
    今日も今日とて本谷歌子は仙道唯のストーカーなう!
    って、
    まじであんたが犯罪者や!
    で、
    仙道唯と指し勝負することに本谷歌子。
    これ、
    経験の差やね。
    誘導尋問じゃないよ。
    簡単なコミュニケーションだよ!
    で、
    一方、
    大神平助は佐賀野功太と指し。


    case37・獣化するJK
    ぬいぐるみをトイレでボコ殴りするのってクレヨンしんちゃんのねねちゃんだっけ?
    本谷歌子さん乗り移ってますよねねちゃんが!
    ちなみに、
    橋の下手な女の子は萌えですが、
    やっぱり直したほうが良いよ!
    と、
    思うかぐりんです。。。
    下手を装うのはずるい!
    と、
    平助。。。
    逆にすると助平!
    確かにツボる!
    笑える!
    と、
    佐賀野功太部署移動!?
    刑事課!?
    で、
    どうした仙道唯?!


    case38・唯の秘密
    わかるね。。。
    仙道唯は切ったのになんで本谷歌子近寄ってくる!
    ウザイ!
    つか、
    失神ですか?
    なんで?
    つか、
    倒れた本谷歌子を家まで送る仙道唯いいやつじゃん!
    と、
    147ページの最後のコマの仙道唯かわいい!
    で、
    仙道唯x本谷歌子x大神平助x永倉二郎
    で、
    トークバトル中に警察官モードの佐賀野功太襲来!?
    グルか。。。
    アカンわぁ。。。
    そりゃ、
    仙道唯グレるわ!
    で、
    仙道唯と大神平助が兄妹と判明!
    11巻に続く。

  • 面白かったはずなのに、なぜか失速してしまいました。

  • 唯の事情が気になる!
    唯と大神はほんとに兄妹なんだろうか、そう言われると唯って大神に似てる気がするわ…外見も中身も。
    唯と大神の会話、いいですねw

    唯の件で効太の昇進(?)がどうなるのか気になるところ。
    それが絡んでのカコとの夫婦仲がどうなるのかも。

  • かこちゃんとこーたくんのイチャイチャに癒される反面、平ちゃんと唯ちゃんの関係が気になってしょうがない展開。最後で兄妹ってわかって納得。再び重い感じになるのかしら。こーたくんが24歳だったことに衝撃を覚える(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

3月31日生まれ。おひつじ座。O型。北海道出身。2008年に「オオカミ少女少年」(別フレ2009年1月号)でデビュー。
代表作は『完璧☆彼氏彼女』、『PとJK』。『PとJK』は第41回講談社漫画賞<少女部門>を受賞。

「2020年 『PとJK(16)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三次マキの作品

ツイートする