盤上のポラリス(4)<完> (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063925258

作品紹介・あらすじ

長崎の離島に住む少年・椿 一兵は、転校生の少女・氷見崎ひめに教えてもらったチェスにのめり込む。市内の中学校に進学した一兵は、新たな仲間を得て、冒険に挑んでゆく!

一兵は、自分にチェスを教えてくれたひめから預かった大切なチェス盤を賭けて、八雲 青と対局することに。「盤上から音楽が聞こえる」という青の“旋律”に絡め取られ、もがく一兵。突きつけられた己の弱さを乗り越え、ひめと再会することはできるのか? 盤上青春譚、堂々完結! 本作の元になった読み切り『ギャンビット・オン・ガール』も収録!

長崎に住む少年・椿 一兵は、自分にチェスを教えてくれた少女・氷見崎ひめから預かった大切なチェス盤を賭けて、天才少年・八雲 青と対局することに。「盤上から音楽が聞こえる」という青の“旋律”に絡め取られ、もがく一兵。そんな時、灰堂レンのコーチにしてグランドマスターのスンダリが、一兵にある秘策を与えて…!? 盤上青春譚、堂々完結! 本作の元になった読み切り『ギャンビット・オン・ガール』も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • チェスの盤上を冒険に例えた表現、主人公とヒロインの郵便チェス(手紙にチェスの手を1手書いて送って、届いた方もその手への返事をまた1書いて送ること)、中学生編での部員の勧誘方法(部長と部員が体育館の舞台で電撃戦を繰り広げて、その模様をカメラで撮影しながらプロジェクターを通して大きなスクリーンに映し出す。)が印象的だ。主人公らの師匠がエロいお姉さん(スレンダーだが、豊満な胸を持ち、禁煙と称して常に禁煙パイポを咥えているのが特徴。1階は喫茶店、2階はチェス教室の店に勤務。)だったのが羨ましかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

福岡県出身。月刊少年マガジン2013年7月号掲載読み切り『ギャンビット オン ガール』を経て、月刊少年マガジ2015年2月号より『盤上のポラリス』(原作:木口 糧)を連載。

「2016年 『盤上のポラリス(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若松卓宏の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×