虚構推理(4) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
制作 : 城平 京 
  • 講談社
4.03
  • (22)
  • (29)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 330
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063925371

作品紹介・あらすじ

『絶園のテンペスト』城平京 最新刊!! 怪異達の知恵の神になった少女と、怪異にさえ恐れられる男が、怪異に挑む[恋愛×伝奇×ミステリ]!!

“怪異”の知恵の神になった少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!?  2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は――!?

「鋼人七瀬は虚構である」という合理的な虚構を構築するため、警察など、人からの情報だけでなく、“幽霊による証言”まで取り入れていく琴子。しかし、鋼人七瀬による殺人事件が起きてしまったことにより、まとめサイトは「鋼人七瀬は実在する」という流れが加速していってしまう――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一応、この巻まで読んできたが、やはり想像していたようなミステリ?推理?ものではなかった。どちらかというと、妖怪人外バトル系。おひいさま以外のキャラにあまり魅力を感じないのだけど、おひいさまは本当に可愛い。今後も読むかは、保留。どちらかと言うとアニメ向けでは。

  • 鋼人七瀬の話めっちゃ長いな!って思ってたけど、そういえば小説が原作なんだっけ。

  • サキさんが出てきた!
    そしてすんごい怪異と戦う琴子、先輩。
    すごい…!!

  • 寺田刑事が犠牲になったことにより、鋼人七瀬の怪異はより力をつけていく。
    またこの怪異の裏には九朗の従姉、六花が関与しており……。

    噂で生まれ、真実となった鋼人七瀬を嘘で消滅させようと試みる琴子に次巻期待したいですね。
    おまけ漫画の方もいつも違うこと(コメディーよりなのは同じですが)をしていますがどの話も面白くてよいですね。

  • コミック

  • 虚構推理というタイトルの理由がやっとわかった。
    犯人も判明したけれど、岩永がどう嘘をついて、鋼人七瀬を倒すのかとても続きが楽しみ。

  • 鋼人七瀬の正体が明らかになりました。

    これをどう攻略していくんでしょうか。

    六花さんはかなり手強そうですね。

  • 【あらすじ】
    「鋼人七瀬(こうじんななせ)は虚構である」という合理的な虚構を構築するため、警察など、人からの情報だけでなく、"幽霊による証言"まで取り入れていく琴子(ことこ)。しかし、鋼人七瀬による殺人事件が起きてしまったことにより、まとめサイトは「鋼人七瀬は実在する」という流れが加速していってしまう――

    【感想】

  • 黒幕、六花の存在が明らかに。
    六花のキャラクターがいまいち掴めない。
    あと、話し方がいちいちまどろっこしい。そう感じるのは私がバカだから?でもセリフが多いせいで、展開が遅くなってると思う。
    琴子がどんな解決策を思い付いたのか早く知りたい。
    おまけ漫画が面白かった。

  • 六花が(個人的)イメージと違ったビジュアルでちょっと意外でした。怖いよ。クライマックス?連載終わっちゃうのかな~。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。2015年4月発売「マガジンR」第1号より『虚構推理』の連載をスタート。コミックスは大人気となり、アニメ化が発表される。

「2019年 『虚構推理 スリーピング・マーダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

虚構推理(4) (講談社コミックス月刊マガジン)のその他の作品

片瀬茶柴の作品

虚構推理(4) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に登録しているひと

ツイートする