Q.E.D.iff -証明終了-(5) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (5)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063925470

作品紹介・あらすじ

加藤元浩の初ミステリ小説『捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書』よりヒロイン菊乃が登場!!
引退した検察官が殺され、側に倒れていた訪問看護師が逮捕・勾留されたが、釈放に。捜査一課の新米刑事・菊乃は、水原警部に導かれて燈馬に出会い、捜査の裏に隠された事実と、「不完全な密室」だった現場の謎に迫っていくが‥‥!?【不完全な密室】
山で滑落した大学生は自殺か他殺か――二転三転する証言を追って可奈が奔走する【イーブン】も収録!!

加藤元浩の初ミステリ小説『捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書』よりヒロイン菊乃が登場!! 元検察官が自宅で殺され、近くに倒れていた訪問看護師が逮捕されるも、釈放に。捜査に疑問を持った新米刑事・菊乃が、燈馬と共に「不完全な密室」の謎に迫っていく【不完全な密室】。大学生の滑落事故、自殺かと思いきや、何者かが入院中の被害者の酸素マスクを外し‥!? 証言を集めるため可奈が奔走する【イーブン】も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イーブン
     恋愛話のもつれと滑落。
     証言をまとめていきつつ、二転三転する証言に惑わされる話。

    不完全な密室
     小説版主人公キック登場。
     密室事件と暴走キャリアをキックが燈馬くんの助言で頑張るモノ。

     数学的モチーフは無かったかな。
     やっぱりメインは、今月発売された小説版とのコラボかな。
     イーブンの方は、ちとアンフェアに感じた。

  • コミック

  • 病院の殺人未遂と、誤認逮捕ネタの殺人事件。後者はわりと社会派テーマでした! キックちゃん、またでるのかな?

  • 一つは山で見つかった大学生がもう一度命を狙われる。容疑者の大学生達はそれぞれ証言が一転二転して何が真相か分からなくなる。
    もう一つは作者の小説に出てきた元アイドルの熱血新米刑事・菊乃が登場。
    不完全な密室で殺された検察官。同じ空間で襲われ倒れてた老人看護婦が逮捕されたが、別の車庫から新しい証拠が見つかる。この不自然な事件を解決するために菊乃は捜査を行うが、過去の事件とリンクして警察の闇も含めた驚きの真相がー。
    という面白い事件。
    どうでもいいけど、どんどん絵が残念になっていってるのが勿体無い…。美少女が全然可愛くないし、他の個性的なキャラの方が生き生きとしてる…。
    せめてヒロインとか大学生の服装はもう少しなんとかして欲しいなと思ってます。。ブランドものを着てるとか説明されないと分からないって。。漫画なのに。。話が面白いから良いんですけどね。

  • 流行の警察小説風のストーリーも、筆者の手にかかると軽妙ながらずしりと重い、持ち味充分の味わい。

  • 失恋を苦にした自殺に見せかけた殺人を暴く『イーブン』と、若き捜査一課警部補、七夕菊乃が活躍する『不完全な密室』を収録。
    水原警部はこういうのにありがちなただの引き立て役で終わらず、ちゃんと優秀な所が格好良いな。

    ここに出てくる菊乃は、作者初の小説作品『捕まえたたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書』の主人公なんだそうです。

  • 水原警部みたいな警察官ばっかりだったらなぁ。

    「不完全な密室」は、ちょっと考えさせられますね。

  • 今回は数学ネタはなかったけど、イーブンの方はとくにQEDっぽかった。
    しかし新シリーズで新キャラですか。
    すごいなぁ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1997年から「マガジンGREAT」で『Q.E.D.-証明終了-』を、並行して2005年から「月刊少年マガジン」で『C.M.B.森羅博物館の事件目録』を連載。2015年4月発売「マガジンR」1号より『Q.E.D. iff―証明終了―』連載開始。2009年、第33回講談社漫画賞少年部門を受賞。

「2023年 『ないない堂 ~タヌキ和尚の禍事帖~(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤元浩の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×