ましろのおと(18) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (20)
  • (25)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 344
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063925944

作品紹介・あらすじ

「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!
少女漫画界を牽引し続ける作家、羅川真里茂が次に飛び込んだフィールドは少年漫画。テーマは『津軽三味線』。「ずっと描きたかったテーマ」と羅川真里茂が語る、壮大な“自らの音を探す旅”がここに幕を開ける。貴方の音もきっと見つかる。

新ユニットSTC(スクウェア・ザ・サークル)を結成した雪は梶、荒川と共に、全国ライブツアーへと繰り出す。神奈川~静岡~愛知。それぞれの地でのライブに手応えを感じる梶たちとは対照的に、雪はユニットの音にズレを感じていた。「STCの音とはどんなものなのか!?」根本的な問いを抱えたまま、初の単独ライブを迎えたSTC。その音の道の先には果たして何がーー!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 兄弟の絆?ライバル?

  • STC盛り上がってきたな~♪
    大分3人で音が出来上がってきたみたいだけど、まいまいが入ったらまた音変わっちゃうんじゃないだろうか……。

    次巻、またユナさんメインで早く読みたい!

  • 意外と梶君と荒川君が雪にとっていい関係の人達になってきてる。

  • 音が合った。

  • 三味線スターダム 18巻。
    駆け上がる若菜ちゃんと、地を這い悩みもがく雪。

    その分経験も積めて、他人と合わせることに新たな発見もあり、成長していく。
    漫画で、音が盛り上がっていく表現というのは、難しいと思うがうまくいくととてもイメージが広がって気持ち良い。

  • 表紙は いったい誰なのかわからなかったよ 若菜ちゃーん!
    若菜ちゃんのイケメン度はますます上がっていくばかりでなによりです

  • ユニットを経て成長した雪がソロになるて話になるのだろうか。なんかその展開はイヤだなあ。

  • 共闘。

  • めっちゃよかった〜。早く続きが読みたい。若菜ちゃん好き。雪頑張れ。

  • 表紙のイケメンは誰だ?とちょっと本気で悩んでしまった(笑)ワカナちゃんカッコイイ。この作品に出てくる男性の中で一番のお買い得キャラが若菜ちゃんのような気がしますよ。
    そして雪たちは低迷中。彼らは何がしたいのだろうか…というか目的が見えてこない。いや、メジャーデビューしたいんだろうけど。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

羅川真里茂 青森県出身 代表作に『赤ちゃんと僕』、『しゃにむにGO』など。現在は月刊少年マガジンで『ましろのおと』を連載中。

「2022年 『ましろのおと(31)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羅川真里茂の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×