亀のジョンソン (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063930061

作品紹介・あらすじ

★あなたの人生に、いまカメが足りない!★

甘えたり怒ったり、カメってじつは感情豊か。
愛すべき生き物とのコミカル&ハッピーライフ♪

マイペースで自己主張の強いクサガメのジョンソンに、
アラサー独身女子・はるかは振り回されっぱなし!
でもそんな毎日がしだいに愛しく思えてきて…!?

想像以上にユーモラスなカメとの暮らしを描いたショートコミック!
(リクガメも出てきます☆)

マイペースで自己主張の強いクサガメのジョンソンに、アラサー独身女子・はるかは振り回されっぱなし! でもそんな毎日がしだいに愛しく思えてきて…!? 想像以上にユーモラスなカメとの暮らしを描いたショートコミック!(リクガメも出てきます☆)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
    初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンとのやりとりは、さながらコントのようです。
    そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
    またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
    亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

  • うーん。

全2件中 1 - 2件を表示

大島安希子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする