小説 映画 聲の形(上) (KCデラックス)

  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 91
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063930382

作品紹介・あらすじ

"退屈すること"を何よりも嫌う少年、石田将也。
ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女・西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。
しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。
--やがて5年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
"ある出来事"以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原作既読し映画もみたが小説は自分のペースで読めて各キャラクターの心情をじっくり感じることができた。耳の聞こえない少女とその子をいじめる少年の物語。やがて、少年もいじめられるようになり自分の殻に閉じこもってしまう。人間不信になり過去に捕らわれながらも、少女のために生きることを決めた少年。一見、「イジメ」がメインテーマに思われるが、それ以上に「生きる」ということについて深く考えさせられる。

  • ありえんでしょうこの設定とか背景とか。
    読んでて気分わるいぐらいの。がまんして読んでて、
    でも、涙がぼろぼろ出るんだよ。
    共感ではなくて、つらい気持ちだけ受け取ってしまう。

    これは小説版なので、原作はどうなのか、映画はどうなのかわからんけど、
    言葉の汚さには幻滅するし、
    これが話題になってるというのは、なんだかなあとか。

    いまのこの段階で、
    手話とか耳聞こえない設定は必要なのか、疑問。

    じゃあ、なんで読んでるのかというと、
    聞こえない友達から、感想を聞かせてほしいと言われたので。

  • 原作既読。映画見たいな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1982年生まれ、横浜在住の水瓶座A型。運命のイタズラで物書きになる。ふわふわしたものやけもけもしたものが好き。著書に『ヴァンパイア大使アンジュ』(角川つばさ文庫)、『FAIRY TAIL 心に宿るcolor』(講談社ラノベ文庫)など。

「2017年 『イケカジなぼくら (11) 夢と涙のリメイクドレス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川崎美羽の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×