小説 七つの大罪 ―外伝― 七色の追憶 (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063930542

作品紹介・あらすじ

ブリタニアの広大な平原を揺らして進むは、知る人ぞ知る伝説の酒場〈豚の帽子〉亭。
そこに集いしは、こちらも通り名に“伝説”をいただく〈七つの大罪〉、そして、リオネス王の治世に一片の乱れも許すまじと、王国の隅々に目を配る誇り高き騎士たち。
封印を解かれた魔神によって大地が血で染められるより前、ほんの束の間ではあるが、戦士たちはこの珍妙な酒場で、たしかに七色に彩られた思い出にふけった。ここに明かすのは、彼らが内に秘めた、甘やかで、切なく苦い、珠玉のエピソードたちである――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 虹の話、3本で構成されています。スレイダーとゴウセルとディアンヌ&キングの3本です。
    スレイダーの話が一番面白かった。テテルのその後は少しでも幸せであるといいな。

  • 読書日:2016年12月16日
    Gowther,SladerとKing三者三様の虹に関する話です。

    Gowtherがアーマンドとして村で暮していた頃の話では、
    デールが自分の子供達を思い出した事に何とも言えない気持ちになりました。

    Sladerの話では、彼達が救った容貌がめちゃくちゃな女の子のその後が気になります…。

    Kingの話では、虹を探しにきている少年と旅芸人のおじいちゃんの絆に心を打たれました。
    まさか旅芸人達をあの彼が殺したとは…。

    虹は気持ちを明るくさせてくれるものなのに、
    3話共何処か物悲しい…そんな気持ちになりました。

  • マンガはまだ買ってない
    小説は毎回買ってるけど
    今回は買うほどじゃなかったなぁ‥

    焼き直しというか小説だけの特別感があまりない

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家。1995年にゲームのノベライズでデビュー。別ペンネームでライトノベル・漫画原作・脚本などを手がける。現在は児童書を中心に執筆。主な著作に『小説 七つの大罪ー外伝ー』(全3巻、講談社KCデラックス)、『小説 映画 3D彼女 リアルガール』(講談社KK 文庫)、『新・歴史人物伝 徳川家康』(駒草出版)、『ヒロイン失格 映画ノベライズ みらい文庫版』『鬼滅の刃 ノベライズ 炭治郎と禰豆子、運命のはじまり編』『鬼滅の刃 ノベライズ きょうだいの絆と鬼殺隊編』『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ みらい文庫版』(すべて集英社みらい文庫)などがある。

「2021年 『千紘くんは、あたし中毒。(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田朱夏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×