攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~(4)<完> (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (6)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063930719

作品紹介・あらすじ

『攻殻機動隊 S.A.C.』の代名詞ともいえる「笑い男事件」シリーズ、堂々の完結! 数々の模倣犯を生み出し、警察や政治組織の背後に潜む巨悪が蠢く「笑い男事件」の全貌とは!? 6年前、アオイが瀬良野社長を誘拐したことに端を発した事件の真相がついに明かされる!! 欄外には神山健治監督によるオーディオコメンタリーふうインタビューを収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「笑い男」完結。そして、公安9課が闇に潜む。

    『全ての情報は共有し並列化した時点でオリジナリティを喪失し…』
    『代わりに動機のある他者の…独創的意思に内包される…』
    ラストシーンのとある台詞。
    誰もがこぞって、流行りとされているものをこねくり回して、自分らしさに変えようとして発信している昨今の風潮は、この台詞とちょっと親和性あるのかな、と思います。
    違うかな?

    シリーズ通して、オーディオコメンタリー風の欄外コメントがあったんですが、わかっちゃいたけど読みづらい。試みは面白いんじゃないかとは思うけど、巻末にまとめてくれた方がいいですね。それもわかっちゃいたんでしょうけど。

  • 欄外にインタビュー形式でコメントがあるので、読みなれるまで気になって気になって…。

    アニメは未見なので、笑い男事件だけを抜き取ってどのようにまとめてあるのかは分からないが、日本の厚生労働省に関わる利権と問題、いつも患者さんが後回しにされていく現状を思えば読むのが辛くなる内容であった。

    偶然の重なりから起こった事件だが、本当の犯人がこんな所にいるこんな人だったという事も、意外性があって面白かった。

  • 笑い男編完。事件の真相が淡々と明かされていくだけなので、ちょっと退屈だったかなー。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

現在『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~』(原作:士郎正宗)を「マンガボックス」連載中。
代表作:『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(原作:士郎正宗)
『スチームボーイ』(原作:大友克洋)『デビルマン黙示録 STRANGE DAYS』(原作:永井豪)『白龍』(原作:和田慎二)『悠久の風伝説 ファイナルファンタジーIIIより』(原作:寺田憲史)他。

「2015年 『新装版 AMONデビルマン黙示録(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

衣谷遊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×