ゼイチョー! ~納税課第三収納係~(3) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063931174

作品紹介・あらすじ

華子、現場ボイコット!? 先輩・饗庭と副市長・相楽の因縁の過去!?
どうなる納税課!!?

「私には差し押さえできません━━」初めて差し押さえの現場に立ち会ったものの、同じ経験をした幼い日の記憶が蘇り、最後まで仕事を全うできなかった華子。心配する同僚たち。徴税吏員として大きな壁が華子に立ちはだかる……!!

「私には差し押さえできません━━」初めて差し押さえの現場に立ち会ったものの、同じ経験をした幼い日の記憶が蘇り、最後まで仕事を全うできなかった華子。心配する同僚たち。徴税吏員として大きな壁が華子に立ちはだかる……!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 饗庭さんの過去が徐々に明らかになっていく。
    この人、1巻の時は狂言回し的な残念なイケメンタイプかと思ったけど、意外と深かった。

  • 納税は義務だけど、したくてもできない人もいるのよね。バックレてるだけの人もいるけどさ。そういう人に限って市民へのサービスがないだの言うのよね。ムカつく!どうしようもできなくなったら市役所か。担当次第だろうけどいい方向に進めるといいよね。鹿児島に帰った人は担当が最悪だったけどさ。ところで大隅半島の鹿児島弁は薩摩半島とは違うのかな?なんとなく違和感感じたんだけど。

  • 市民のために頑張る役所の人間もいればその逆もいる。
    過去に税金の相談に来た客をあしらった職員に代わって謝る華子と饗庭が印象に残る。
    今巻は2泊3日の出張で臨宅をしたり饗庭の知り合いが税金滞納者になっていたりあいかわらず大変そう…。

全3件中 1 - 3件を表示

慎結の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×