新装版 無限の住人(14) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063931518

作品紹介・あらすじ

2017年4月29日に木村拓哉主演で実写映画が公開される本作はしばしば「ネオ時代劇」と称される。緻密にして革新的に描出される殺陣や個性的な武具、そして因縁うず巻く人間模様は見物の一言だ。14巻では、水戸路を舞台に「逸刀流」と「六鬼団」の潰し合いが過熱する。ともに戦力を減らしつつも、両陣営は最終決戦の地である那珂湊に辿り着いた。ほどなくして万次と凜も到着し……やがて雪が戦場に繽粉と舞った。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 孕み腹 剣で勝てれば中身は人間のクズでもいい_精神論を一切語らないところが逸刀流の一番好きなところなんですよ ゆうきゅう悠久なれ 阿葉山宗介 あのつ天津三郎 那珂湊なかみなと 労咳ろうがい 生きる意志の薄弱な奴が刃物を持って他人様を斬ってるんじゃねえよ 心算しんさん ようも被害者面で宣いおるわ 此処は既に善悪の彼岸_違いますかな? ほふる屠るべし!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

沙村広明(さむら・ひろあき)★漫画家。1970年生。千葉県出身。1993年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて四季大賞を受賞した『無限の住人』でデビュー。同作が年末より連載化し、アニメ化もされるなど、長期間にわたり人気を博したが、2012年末に堂々の完結を果たした。2011年より少年シリウス別冊ネメシスにて『ベアゲルター』を、2014年よりアフタヌーンにて『波よ聞いてくれ』を連載開始。他の作品に『おひっこし』『ハルシオン・ランチ』(講談社)、『ブラッドハーレーの馬車』『春風のスネグラチカ』(太田出版)、『幻想ギネコクラシー』(白泉社)などがある。

「2015年 『ネメシス #25』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沙村広明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×