スティーブ・ジョブズ(6)<完> (KCデラックス)

  • 講談社
4.05
  • (6)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063932362

作品紹介・あらすじ

iPod、iPhone、iPad、iCloudなどといった、現在の私たちに繋がっている作品を次々と発表し、同時にガンと闘い続けたジョブズの晩年。経営者として、また人間として、まさに油の乗り切ったジョブズを描ききる5話を収録。ついに完結となる第6巻!

iPod、iPhone、iPad、iCloudなどといった、現在の私たちに繋がっている作品を次々と発表し、同時にガンと闘い続けたジョブズの晩年。経営者として、また人間として、まさに油の乗り切ったジョブズを描ききる5話を収録。ついに完結となる第6巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • iPod からiPhoneへ。
    そして膵臓癌との闘い。
    波瀾万丈。

  • 2021.5.22市立図書館(ぼーず)
    完結。ジョブズを敬愛するぼーずにとってはいよいよ本題という感じの1999年のiMac, iBookから2011年の死去まで。闘病しつつ、携帯音楽プレーヤー、iPhone, そしてiPadと、あたらしい必需品を次々うみだしたジョブズ。
    最初から標準的な治療をどんどんしていれば、食事(嗜好)を変えられたら、いまもまだ元気に活躍していたのかもしれない、治らないまでももうちょっとは長生きできたかもしれないと惜しまれる一方で、あのタイプの人が自分の選択や習慣を変えることの難しさも理解できるので、なんともいえない。

    やせほそった晩年の姿が父に重なって切なかった。
    ジョブズ信者のぼーずはこの作品からなにを得たのかな…敵をたくさん作ってわが道を突き進むきびしさか、そんななかでも同じ志を持つ人や少数の理解者に恵まれ頭に描いていたものを実現していく喜びか…

  • 文系と理系の交差点にはMacとiPodとiPhoneとiPad

    20年の歳月を経ても続いている関係。

  • 第6巻、最終刊です。実は5巻の後、すっかり忘れていて、今頃読んでます。
    Mac OS X、直販店:アップルストア、iPod、iPhone、iPad と、アップルはどんどん進んでいきます。一方、ジョブズはどんどん病に蝕まれていきます。当時キーノートで出てくる度にやつれていくので、私も大丈夫か?と思っていましたが、やはり大丈夫では無かったのです。こうやってマンガで通して読む(見る)と、どんどんやつれていく姿がホントよく分かります。
    亡くなったのは2011年10月5日なので、もう7年経ちました。アップルはその後も大きくなりましたが、よく言われるとおり、ジョブズのアップル帰還から iPad あたりまでの「勢い」はもう望めないのでしょうね。やはり偉大な人でした。

  • 全巻読み終わった。第1巻のジョブズと同一人物なのか?と思うほどのやつれた姿。最後の章は読み進むにつれ、胸が詰まった。

  • ジョブズのApple復帰からiPod、iPhone、iPad、そして病気へと物語完結に向けて一気に進んだ最終巻。

    ジョブズがいた頃と以降のiPhoneXまでのAppleはどうしたって比べてしまう。

  • 天才は何にも苦労せず、思い通りの人生が送れる……と、何で思ってしまうんだろう。スティーブ・ジョブズの人生は僅かな勝利と多くの苦悩の連続。そして、呆気なく終わりを迎える。でも、間違いなく世界を変えた人かあ。

  • 駆け足な感じではあったが、ジョブズが自分の納得いくように生き切った印象を受けた。
    がん治療に関してはもうちょっと医者を信じてもよかったような気もするが、私も同じことしそうなのでなんとも(笑)

  • iPodから癌発覚、最期までの最終巻。

  • もう1度あの日々の高揚とあの日の悲しさを追体験した1巻。やっぱり彼の死はいまだに寂しい。最初のOSXからiPadまで約10年分が1巻というのはダイジェストの感なくもないが、あの10年間がもつドライブ感でもあるのだろう。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年東京生まれ。漫画家。14歳でドイツとフランスに一人旅へ。17歳でフィレンツェの美術学校入学。1994年、一人息子デルスを出産。1996年、漫画家デビュー。帰国し、北海道大学などイタリア語の講師を務めつつ、北海道の放送局でイタリア料理の紹介や旅行のレポーター、ラジオパーソナリティなどを務める。2002年、14歳下のイタリア人ベッピと結婚。エジプト、シリアと日本を往復しながらの生活が続くが、2004年に日本での仕事を整理し、リスボンに家族三人で住むことになる。主な著書に『テルマエ・ロマエ』『モーレツ! イタリア家族』『世界の果てでも漫画描き』『地球恋愛』『ルミとマヤとその周辺』など多数。現在シカゴ在住。

「2012年 『ヤマザキマリのリスボン日記──テルマエは一日にして成らず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤマザキ・マリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×