王子が私をあきらめない!(2) (KCデラックス)

  • 講談社
3.78
  • (8)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 141
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063932379

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 椿が侮辱される回、読めちゃう展開なのに面白いんだよなぁ。
    しかし椿、あの立ち位置ならドSのやなヤツのイメージで読んじゃうんだけど、いいやつなんだよなぁ。好きだ。ステップならって小梅を誘うとこと、背中をトンって押すところ、初雪に正直に告白するところ、さいこうに男前やな。
    しかし小梅の初雪に対するウエメセがやっぱり好きになれない。プールの回の「ありえないでしょ」とかお前がありえんわと言いたい。先輩を敬え。

  • 第8〜14話収録。
    心境次第で天候が変化させ、自在に出せる薔薇の花吹雪によって窓を割り、生徒なのに誕生日というだけで学園主催の生誕祭が開催。そんな規格外の初雪にツッコミを入れつつ、ふと見せる真摯な姿に惹かれつつある小梅。まあイケメンにああ言われたら嬉しいわな。ただわたしは当て馬の椿の方が好き。こういう不憫キャラは応援したくなる。親友だからと気持ちを隠さず初雪に伝えるところとか、ほんともう!

  • 初雪大好き4人組のはちゃめちゃさが憎めない。というか彼らが小梅に仕掛けてくることと初雪の天然がこの漫画の面白味の大部分だと思う。恋愛要素よりそちらを期待して読んでる。

  • 初雪様のやきもちですって!椿先輩も報われてほしい。犬彦てそのままやないか。桃太郎先輩の男verレア。次巻の予告、ちょっと心配になる… きっとなんとかなるよね?

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画家。既刊に『星上くんはどうかしている』『恋とヒミツの学生寮』『王子が私をあきらめない!』(以上講談社)、『青春しょんぼりクラブ』(秋田書店)など多数。その他『響け! ユーフォニアム』(宝島社刊)の小説挿画など幅広く活躍中。

「2021年 『きみと青い春のはじまり(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アサダ・ニッキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×