ちはやふる(32) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (67)
  • (100)
  • (41)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 841
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945133

作品紹介・あらすじ

高校最後の全国大会。団体戦3位決定戦。
だれもが息をひそめ、期待と祈りで手を握りしめる中、
千早は運命の対戦となった新を相手に、
静かに集中を深めてゆく。
一方、今年の頂点を決する戦いは、ヒョロ率いる
北央学園と、王座奪還を狙う富士崎高校の対戦に。
自分を信じ、仲間を信じ、夢を叶える場所。
そこには、一度はチームを離れた太一の姿が――。


勝利の涙も、後悔の涙も。
すべてを拭って次へと進め。
挑む者たちに道は拓く――!!

高校最後の全国大会。団体戦3位決定戦。だれもが息をひそめ、期待と祈りで手を握りしめる中、千早は運命の対戦となった新を相手に、静かに集中を深めてゆく。一方、今年の頂点を決する戦いは、ヒョロ率いる北央学園と、王座奪還を狙う富士崎高校の対戦に。自分を信じ、仲間を信じ、夢を叶える場所。そこには、一度はチームを離れた太一の姿が――。勝利の涙も、後悔の涙も。すべてを拭って次へと進め。挑む者たちに道は拓く――!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画をまだ見ていないので、見たくなった。

  • 高校最後の全国大会。団体戦3位決定戦。
    だれもが息をひそめ、期待と祈りで手を握りしめる中、千早は運命の対戦となった新を相手に、静かに集中を深めてゆく。
    一方、今年の頂点を決する戦いは、ヒョロ率いる北央学園と、王座奪還を狙う富士崎高校の対戦に。
    自分を信じ、仲間を信じ、夢を叶える場所。
    そこには、一度はチームを離れた太一の姿がーー。

    勝利の涙も、後悔の涙も。
    すべてを拭って次へと進め。
    挑む者たちに道は拓くーー‼︎

  • ここで、新と千早の対決なんて!
    太一も戻ってきて、三角関係はどうなる??

  • ・166 千早から新へのもう1回サイン(人差し指)を誤解するクイーン。やはり、詩暢はこうでないと。
    ・168 なんで千早が負けたのかの理屈を描いて欲しかったのでした。クイーンの囲い手破りは、もう1コマ増やすとわかりやすのに、スピード感は失うというジレンマ。
    ・おまけ4コマ
    投手板から足を外さないで牽制でもボーク たぶん

  • 立ち直りの巻。
    次がある。そして、次も必死。
    ああもう、ほんっと、羨ましい。
    若さはそれだけで美しいのだ。

    いろいろ良かったねの巻。
    でも、何よりヒョロ君、本当に良かった。
    こんなモブキャラに、しっかり光が当たるところが良い。

  • 団体戦と個人戦
    どちらも見逃せない!

  • 個人戦アツすぎる!

  • 次があるからぼくらは 息ができる

  • 良かったんだけど、31巻読んだのがあまりに前だったので、感動の間があいてしまいました、、。詩暢ちゃんとの対決は迫力あります!

  • 〜34巻まで

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

末次 由紀(すえつぐ ゆき)
福岡県出身の漫画家。
小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。同作が『なかよし増刊』に掲載されデビュー。
2008年、代表作となる「ちはやふる」連載開始。翌年第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。アニメ化、広瀬すず主演による実写映画化もされる大ヒット作になった。競技かるたの普及にも貢献した。

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする