明治メランコリア(10) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (5)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945324

作品紹介・あらすじ

津軽の記憶とともに、ひなの呪いの言葉を思い出した鈴。胸をえぐる記憶に涙するが、ひなとの決着をつけるため対峙する。物語は最終局面へ。想いの果てに見つけたそれぞれの愛の形とは――?

津軽の記憶とともに、ひなの呪いの言葉を思い出した鈴。胸をえぐる記憶に涙するが、ひなとの決着をつけるため対峙する。物語は最終局面へ。想いの果てに見つけたそれぞれの愛の形とは――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    津軽の記憶とともに、ひなの呪いの言葉を思い出した鈴。胸をえぐる記憶に涙するが、ひなとの決着をつけるため対峙する。物語は最終局面へ。想いの果てに見つけたそれぞれの愛の形とは――?

    【感想】

  • 前巻で春時兄様誰を刺すのかな?自決かな?とか思ってたら、まさかのファインプレーとは。そして鈴子ひなへ一喝。津軽がひなの頼みを断れないと言われていた理由。鈴子が記憶喪失になったとき、ひなが何を言ったのか。呪いの言葉。その言葉をもう一度聞かされた事で鈴子は忘れていた記憶を取り戻す。ひなと2人で話してて、私にとって嫌な人だから忘れないって一言でそんな掌を返したようになる?愛染の襲撃で鈴子の盾になり死んだひな。最期の言葉を聞いても、堕胎する事になった真実を知ってもなお好きになれなかった。そして春時兄様ついに中2卒業とはこーゆう事ですね。けっして切れることのない絆。鈴子に「うまくいかなくても兄様は家で待っててやるからお行き」ってところ切ないけどなんか好きだったなぁ。春時兄様が短冊に願い事できるようになって良かった。ひなが死んで憔悴しきってる津軽。驚かせるために髪の毛を切った鈴子。この時代は女性が髪を短く切るっていうのは悲惨なことなのね。次が最終巻。なんかうまくまとまってきてたから、もうこの巻で終わりでも良さそうだったけど。

  • 色々なことに決着がついていく巻(途中から出なくなってしまったキャラクターもいるけれど)。
    次巻が最終巻だけど、安心して読めそうな感じ。

  • うーん
    続編ものの宿命なのか
    10巻まで読んだけど、ドキドキワクワクはメランコリーの方があったな
    雛最期のところの描写、どこかでみたことのあるものを引っ張ってきた感じなのも、、
    人間の闇や奥深さをキャラに持たせることは出来る作者さんやと思うから、次回作に期待

  • まだ終わらないんだ…

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

BE・LOVEで「明治緋色綺譚」の読み切りを掲載後、同タイトルが連載としてスタート。代表作は「明治緋色綺譚」(全13巻)、続編「明治メランコリア」(全11巻)。現在は昭和を舞台とした「昭和ファンファーレ」を連載中。

「2019年 『昭和ファンファーレ(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

明治メランコリア(10) (BE LOVE KC)のその他の作品

リカチの作品

ツイートする