ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.08
  • (80)
  • (99)
  • (56)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1296
感想 : 62
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945355

作品紹介・あらすじ

それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。

互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った長く熱い夏が過ぎ、千早たち3年生は次へのステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩む。そんなとき、周防名人と詩暢が出演したテレビ番組が放映され、刺激を受けた千早は…!?

一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!

それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った熱く長い夏が過ぎ、千早たち3年生は次のステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩み……!? 一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちはやの高3夏。
    かるたを続けるために勉強との両立を図る一方、名人の強さの秘密に迫る巻。

    やりたいことを思い切りやるためにやりたくないことも思い切りやる。
    高校3年の描写にしては暗くならなさ過ぎて良い。
    なんだかんだかるた愛だな、みんな。

    そして、かなちゃんの大人の気遣いが素敵。
    肉まんくんも報われるさねー。

  • 一段落したみんなとの見えない線が悲しい巻でした。
    クイーン戦と受験の両立。
    千早の覚悟。
    かるたで鍛えられた忘☆却☆力☆笑
    太一が側にいてくれることが久しぶりで嬉しかったな。

    詩暢ちゃんは詩暢ちゃんでかるたのプロがあらぬ方向にいってて可哀想で心配。

    作詞作曲家の軽田伊能知さん、千歳のデビュー曲までも手がけてたとは!笑
    うるう年のマーチもやし、たしか瑞沢高校の校歌も軽田伊能知さん作詞作曲です。笑

  • 「子供には高確率で幸せになって欲しいのよっ」って、ちはや母の叫び、激しく激しく同意。このあたり親にならないと分からんのよね。太一みたいに両立できる器用さがあれば心配いらないんだけどさ。それでもきっと太一の母はそれなりに心配は尽きないんだろうけどさ。とにかく親は大抵ハラハラしてるしかないのよ。

  • 「百人一首は高い山みたいなもの
    千メートルの山に登ると下におるとき見えへんかった二千メートルの山が見える
    二千メートルの山に登ってみると三千メートルの山が見える」

    百人一首だけじゃないな。
    私はこれをカントにも感じる。
    詩作にも感じて、挫折した気もする。
    なぜ私の高さの詩作を続けなかったのだろう。
    悔やむ。

  • 「学校」に所属していると、一定期間で強制的に環境が変わってしまうので、つらいですね……。いいことばかりではないと、わたしはおもいます。
    どうしても変化がある、春が苦手です。

  • この部活をやっていなかったら
    どんな高校生活を
    過ごしていたかなんて
    今となってはわからないけど
    二年半
    やってみて
    全く悔いがない
    やってみてよかったと思える
    部活動ができたことって
    本当によかったと思う
    比べることではないけど
    満足する時間が過ごせて
    一生の思い出が作れたのだからこそ
    こんなセリフをしっかりと
    描いてくれることの嬉しさ

  • 高校選手権を終え、3年生はかるた部を引退
    一方の千早は?太一は?しのぶちゃんは?…というお話

    周防名人と時間を共にし、変わっていく、変わろうとする太一。
    そして須藤さん!
    いつもおちょくってくるばかりで本心がみえない須藤先輩が
    かるた協会会長を目指していたなんて!
    そのために名人を目指していたなんて!
    「後輩が安心して楽しくかるたをやれるように」だなんて!
    そりゃ、泣くわ!

    伊勢先生も、しのぶちゃんも、不器用だなぁ。
    「最高峰という名の 荒野」
    「不尽の高嶺で待ってるよ」
    ここのこのイメージがこう繋がっていくなんて…!(鳥肌)

  • 大学受験と競技カルタって両立できんのかな

  • (2020-12-03L)

  • かなちゃん肉まんくんの気持ち、ちゃんと気付いてたんだねぇ…。

    周防さんを出し抜きたい須藤さんと、札の声が聞こえなくなりかけたしのぶちゃん。
    感じにはピークがあると言われて、クイーン目指すことを決意する千早。

全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1992年「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞、同作品が「なかよし増刊」(講談社)に掲載されデビュー。07年から「BE・LOVE」(講談社)で「ちはやふる」の連載を開始。09年同作で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。11年「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

「2022年 『ちはやふる(50)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末次由紀の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×