私たちはどうかしている(1) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945386

作品紹介・あらすじ

七桜(なお)は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。二人は和菓子の腕を競って対決することに。七桜の人生を狂わせた椿。その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。七桜をかつて幼なじみとだは気づいていない椿。思いもよらない言葉に七桜は!?

七桜は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。二人は和菓子の腕を競って対決することに。七桜の人生を狂わせた椿。その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。七桜をかつて幼なじみとだは気づいていない椿。思いもよらない言葉に七桜は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミステリー要素満点な和菓子屋さんを舞台にしたマンガ。

    椿は七桜がさくらだって気づいてるんだろうな…でも気づいてて結婚しようっていったのはどういう意図があるのか…
    これからが気になるラスト。

  • 普通の少女漫画かと思いきや、結構えげつない感じが気にいりました♪続きが気になります。

  • 恋愛漫画だと思い敬遠していたけれど、試し読みしてみたところサスペンスだったので即買い。
    母を陥れた男と結婚、という展開がとても面白い。
    椿は七桜の正体に気づいたのか?はらはらの展開で、次巻も楽しみ。
    和菓子がかわいいし、食べたくなる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1月27日生まれの、みずがめ座。愛知県出身。1994年、第19回なかよし新人まんが賞で入選、デビュー。受賞作は、『いじっぱりなシンデレラ』。代表作は『十二宮(じゅうにきゅう)でつかまえて』『ワイルドだもん』『キッチンのお姫さま』『ARISA』など。趣味は、本を読むこと、映画を見ること、おいしいものを食べること。

「2014年 『涙100万粒のリアル いじめはそこにある。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私たちはどうかしている(1) (BE LOVE KC)のその他の作品

安藤なつみの作品

ツイートする