私たちはどうかしている(2) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (4)
  • (12)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 172
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945485

作品紹介・あらすじ

七桜(なお)を15年まえの幼なじみだと知らずに結婚を申し込んだ椿。殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。七桜は彼を拒絶できない--!?

七桜(なお)を15年まえの幼なじみだと知らずに結婚を申し込んだ椿。殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。七桜は彼を拒絶できない--!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 七桜と椿の距離が少し縮んだ気がするけど、椿はさくらのことを憎んでいるらしい。
    なんとなくだけど、椿の父を殺したのって幼い頃の椿じゃ?って思ったけど大の大人を子供が殺せるわけないよね。。
    なんでさくらを恨んでるのか。
    七桜の母が殺したと本当に思ってるからなのか…
    続きが気になる!

  • 出てくる人々がこわいひとばっかりではらはらさせられる。
    七桜と椿、愛のない結婚だったけれどお互いを少しずつしるうちに少しずつ発展しそうなふたりの恋を応援したい。
    七桜とさくらが同一人物だとバレる日も近そうで恐ろしい。
    次巻も楽しみ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

代表作に『十二宮でつかまえて』『ARISA』『キッチンのお姫さま(原作/小林深雪)』など多数。現在「BE・LOVE」にて『私たちはどうかしている』を大人気連載中。『私たちはどうかしている』は2020年夏に日本テレビ系にて、浜辺美波、横浜流星のW主演でドラマ化。

「2020年 『私たちはどうかしている テレビドラマ化記念 1巻~3巻お買い得パック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤なつみの作品

ツイートする
×