ちはやふる(35) (BE LOVE KC)

著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2017年8月10日発売)
3.81
  • (24)
  • (65)
  • (46)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :544
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063945508

作品紹介・あらすじ

“不尽の高嶺”を目指し、挑戦者たちが集う名人・クイーン戦予選。クイーン戦につながるたったひとつの道――1回戦を目前に、かつて感じたことのない不安が千早の頭をよぎる。
「私は本当に、準備してきた――?」
一方、太一は周防名人とともに過ごすことで、自身のかるたとの向き合い方を大きく変える。そんな太一は、予選会場で須藤に思わぬ“賭け”の提案をする。太一の真意をはかりかね、動揺する千早だったが……!?

一度でも負けたら絶たれるクイーンへの道。燃える意志を胸に、立ち向かう――!

“不尽の高嶺”を目指し、挑戦者たちが集う名人・クイーン戦予選。クイーン戦につながるたったひとつの道――1回戦を目前に、かつて感じたことのない不安が千早の頭をよぎる。「私は本当に、準備してきた――?」一方、太一は周防名人とともに過ごすことで、自身のかるたとの向き合い方を大きく変える。そんな太一は、予選会場で須藤に思わぬ“賭け”の提案をする。太一の真意をはかりかね、動揺する千早だったが……!?

ちはやふる(35) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太一がなぁ、、なんか変わっちゃったなぁ。。

  • いよいよ惰性だなぁ。歳のせいか?
    でも、この名人・クイーン戦の予選って高校生たちだけじゃなくて先生とか色々な人が出てきて「うわあこの人とこの人が当たるのか!」っていうのが結構面白い。オールスター戦みたいなね!登場人物多すぎてどれが誰なのかわからなくなってきてるのは内緒だけど。

    太一が悪役路線に走るか。うん。まあ、よくあるヒーローの「闇堕ち」みたいな感じなのかな。唯一彼だけが何を目指してるのかわからなくなったなぁ。迷走してるってことなのかな。
    北央の須藤さんあんまり好きじゃなかったけどこの巻の須藤さん素敵。

  • 久々に読んだので、ストーリーも忘れてて34巻から復習。名人戦、クイーン戦の予選が始まった。A級の中にはこれでもか!というほど強い人がいる。一人ひとりに強みがあって、ぶつかり合いが面白い。なんでもいいから、真剣勝負がしたくなった。かるたも見に行きたいなぁ。そしてあの緊張感を肌で感じたい。

  • 〜36巻まで

  • 真島が狂気じみていて怖い。
    この感情の先にあるものは一体……???

  • 面白かった

  • 高3、10月中旬、名人・クイーン戦予選の1回戦、2回戦。
    千早の対戦も面白いが、太一のブラックさにムムッとなる。
    17-140

  • 2017.11.25.再読了

    発売と共に一度読んだけど、
    36巻を読む前に、再読。

    まつげ君は一体どこに向かっているのか?

    34巻ももう一度読まないとダメかも

  • 面白かった。けど、いつもよりは勢いなかったかな。太一の不穏な笑みが今後の期待を高めます。ようかんって勝負メシ系だったんだ。覚えとこう。

  • 太一の悪役っぷりが……。
    この巻はそれに尽きる。

全39件中 1 - 10件を表示

ちはやふる(35) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(35) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする