七つの大罪(4) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.12
  • (98)
  • (100)
  • (57)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :1098
  • レビュー :56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063949186

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

〈怠惰の罪〉・キングは生きていた! だがしかし、聖騎士ギルサンダーと行動を共にするキング!! キングの望みは、かつての盟友バンを殺すことだった! 妹の仇を追うキング! 不敵に嗤う〈強欲の罪〉・バン!! 一方、メリオダスとディアンヌの前に現れた恐るべき殺戮人形・聖騎士ギーラ!  死闘の行方やいかに!! 在りし日のバンとエレインの出会いを描いた外伝「バンデット・バン」も完全収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聖騎士ギルサンダーと行動を共にするキング。彼の目的は、かつての盟友であるバンを殺すことだった。妹エイレンの仇を追うキング。不敵に笑うバンの一方でメリオダスとディアンヌの前に現れたのは殺戮人形・聖騎士ギーラだった。

  • バンとエレインの外伝にやられました…!!
    くっ…泣ける(T-T*)バン、カッコイイじゃないか。

    キングが可愛い&強し!!
    正装する時はオッサンの姿になるのも可愛い(笑)
    団長はあの幼い外見の中に、何かとてつもないものを抱えていそう…

  • 違う方を登録していたので、し直し。
    バンとエレインが良い!

  • 巻末にバンとエレインの妖精の森でのエピソード(番外編)。

  • エレインとバンのが悲しかった。

  • ファンタジーだね。

  • 敵だと思っていたキングが、朗らかな少年でツボに入った。

  • 外伝 バンデッド・バンが良かった。

  • バンエレのお話…!エレイン…;;そして、バン、ほんとに純粋なんだなと思った…

  • 〈怠惰の罪〉キングは生きていた。しかし聖騎士ギルサンダーと行動を共にするキングは、かつての盟友バンの命を狙っていて…。
    妹の仇を追うキングと、不敵に笑うバン。
    一方メリオダスとディアンヌの前には恐るべき殺戮人形・聖騎士ギーラが現れ!
    在りし日のバンとエレインの出会いを描いた外伝「バンデット・バン」も収録。

    バンとエレインが好きなのでこの巻は大変おいしかった。何気にものすごい通じ合ってる二人が素晴らしい。
    キングの空回りっぷりがむしろ哀れ。というか七百年放置って…バンよりよっぽどか罪深い気がするんだけど…。
    でもキングが妖精王だと明かされる展開は好きだなぁ。すごく強いし。
    あとディアンヌがこの辺りからいよいよ可愛らしくなってきてて好き。
    最初はうーんって感じだったけど、髪で口元隠す仕草とか可愛すぎる。
    エリザベスとメリオダスの絆も順調に深まってるけど、影が怖すぎ。何この不穏な感じ。
    外伝のバンデット・バンは素晴らしかった。

全56件中 1 - 10件を表示

七つの大罪(4) (講談社コミックス)のその他の作品

鈴木央の作品

七つの大罪(4) (講談社コミックス)に関連するまとめ

七つの大罪(4) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする