惡の華(9) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.01
  • (80)
  • (76)
  • (60)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 765
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063949230

作品紹介・あらすじ

ボードレールを愛する少年、春日高男。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた、大好きな佐伯奈々子の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和に見られていたことが発覚!! 盗んだことをバラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは‥‥!?

「常磐を仲村の代わりにしている」 佐伯の言葉を否定できず、思い悩む春日。その間に、常磐が晃司と仲直りをしたことで、二人の関係はよそよそしいものへと変わってしまう。小説を書くことにも自信をなくす常磐を必死に励ます春日だが、その思いは届かず‥‥。逆に、春日に謝りたいという晃司に会ってほしいと言われる。“逃げつづけたくない”春日は、常磐たちのバイト先へ向かうが‥‥!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回もえぐりますねぇ。

    春日と常磐さんの幸せなひとときが怖くて怖くて。
    十代の多感な時期、唯一無二の誰かに出会えることって幸せなことでもあるんだけど、お互いの抱えてる問題が大きすぎるとどうしようもなくなって一緒に谷底に落ちるしかないみたいなことにもなる。

    取り返しがつかなくても人生は続くし、壊れてしまったあれやこれやをそのまま使って生きていくしかない。

    春日のなかのぐちゃぐちゃでどろどろしたものを常磐さんはどう受け止めるんだろう。
    ああ次巻も怖い。そして楽しみだ。

    そして告白された時の常磐さんは最高に可愛い。

  •  生きているからこそ歩んでもいい道が描かれた第9巻。

     惡の華を握りつぶすは生者の手。中学生のあの時、仲村さんに手を放された時から春日の時は止まっていました。そんな幽霊な生活のなか出会った自分を救ってくれる物語を書いてくれた女性。壊したことは事実のまま、それでも生きているからこそ自分の惡の華を握りつぶした春日がとても良かった。自分の罪を認めて、それでもなお前に進めることができる。思春期からの卒業としては素晴らしいの一言。

     しかし、ここからが。ここからこそが本当の惡の華なのではないかと思います。過去と真正面から向き合うっていうのは正直本当に嫌で嫌で苦しいものですが、それでもやらなきゃいけないのが過去のツケというもの。その道中でまた惡の華がひょっこり顔を出すかもしれませんが、また握りつぶしてくれることを春日に期待します。帰ろうあの街に、

  • 過去と向き合ってどうなるものか。

  • 読了

  • 蠕梧t繧堤ゥ阪∩驥阪?縺ヲ縲∬?蛻??荳咲抜譁舌↑縺輔r逞帶─縺励※縲√◎繧後r荵励j雜翫∴繧九%縺ィ縺後〒縺阪◆譏・譌・?√??縺ェ繧薙°縺昴s縺ェ縺オ縺?↓諤昴▲縺溘i鮠サ縺ョ螂・縺後ヤ繝シ繝ウ縺ィ縺励◆縲ょキサ譛ォ縺ォ縺ゅk縺ゅ→縺後″繝槭Φ繧ャ縺ィ縺?≧縺九?√≠縺ィ縺後″邨オ蟾サ繧ゅb縺ョ縺吶#縺?憶縺九▲縺溘?

  • -

  • 春日が常盤さんに告白するシーンは、どちらも何かを抱えた表情で、少しグッときた。

    次巻で故郷に帰るようだけれど、見たくないなぁ。確かに向き合わないと根本の解決にならないんだけど。
    何か嫌なことが起こりそうで。

  • おやすみプンプンのようなただただ胸糞悪い展開(褒めてる)が続く漫画だと最初の頃は思ってたのに、まさか泣かされるとはなぁ……。

    果たして春日くんはケジメをつけることが出来るのか。
    この先に待っているのがどうか幸せな結末でありますように…。

  • 「私も幸せなんだけど」

  • 8巻から引き続きレビュー。

    悪の華が咲いた話から、悪の華を握り潰す話へ。最初のクソムシスタートを思うと、もはや別物なくらいハッピーな話ですね。世界と訣別から和解に向かったのですから。とすれば、次の展開は、潰しても潰しても生えてくる悪の華との対峙でしょうか?いつまで続くんだろうねコレ(笑)1~3巻読んだ時は、本当に続くのかなぁと思ってましたが、これは一大長編になりそうな予感。

    ともかく、リア充乙、春日くん!

    中学編すっ飛ばして7巻から9巻まで読むっていうのも、この作品ありだし、そういう導入だと入りやすい読者もいるかもしれませんね。今のところ、3巻ずつ明確な区切りがあるスタイルも結構読み進めやすくていい。

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

★漫画家。2002年、講談社ちばてつや賞ヤング部門の優秀新人賞を受賞。翌年、別冊ヤングマガジン掲載の『スーパーフライ』にてデビュー。同年より同誌に『アバンギャルド夢子』を連載した後、ヤンマガ本誌にて『デビルエクスタシー』などを連載。2008年より漫画アクションに連載した『漂流ネットカフェ』は、テレビドラマ化された。翌2009年より別冊少年マガジンにて『惡の華』を連載。

「2014年 『惡の華(11)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

惡の華(9) (講談社コミックス)のその他の作品

押見修造の作品

惡の華(9) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする