進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.08
  • (280)
  • (294)
  • (178)
  • (19)
  • (1)
本棚登録 : 3139
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063949766

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユミルとクリスタって、カレカノのりかちゃんとあやに似てるなー

    この巻でクリスタ好きになりました

    読んでると目にいっさい負担のかからない涙がぽろぽろっと出て、どういう感情なのか自分でもよくわからない

  • なかなかストーリーが進まないね。

  • ちょっと何が起こっているのか分かり辛い……。

  • 架橋に入っていく様子が、程よい緊迫感と共に伝わってきて、とてもテンポ良く楽しめた。

  • いいテンポで話が進む濃密な巻です。

  • 怒涛!
    まさに怒涛の巻!

    地響きすら幻覚するほどの迫力!?
    息もつかせぬ思惑と意志と願いのぶつかり合い。

    驚愕の展開の数々。

    因縁も。想いも。切なさも。

    色んなものをぶつけて、なげつけて、かき乱して。

    そして次なる道は、再び未知から真相への道。
    まだまだ続く、進撃の巨人の興奮を伴った楽しき暴虐!?

    進撃の巨人が失速してきた、という説もチラホラ聞こえてくるが、いやいやこの巻を見ればわかる。
    確かに一時失速感はあったけれど、ここで踏みとどま…るどころか、飛翔の前の踏み込みにさえ想えた。

    まだ終わらない、まだ倒れない、大きく叩きつけるように踏みしめた物語の展開。
    次巻も、次巻こそも楽しみだ!

  • どんどん展開して飽きがこない。
    ユミル!続きが気になる!

  • どう感想を書いたものか(苦笑)
    エレンに何か重要な秘密を感じつつ、次巻に期待です。

  • アルミンの笑顔こわい

  • 見どころ満載の濃ゆい巻だっただけに、ウソ予告がなかったのがちょっと残念なような。
    個人的にはユミルとクリスタの今後が一番気になる。

全180件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)のその他の作品

諫山創の作品

ツイートする