FAIRY TAIL(41) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.94
  • (16)
  • (15)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 457
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063949827

作品紹介・あらすじ

“魔導士ギルド”‥‥それは魔導士たちに探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ、超ブッ飛んだお騒がせギルド「フェアリーテイル」だったのです!!

全てが凍りついた「太陽の村」に暮らす巨人たちを救う為、氷を溶かす術を探るナツたち。しかしその前に、村の守護神・「永遠の炎」を狙うトレジャーハンターたちが立ちはだかる!! さらに闇ギルド・夢魔の眼も事態に介入!! 凍りついた巨人たちに疑念を持つエルザ、凍った地面の下から“誰かの声”を聞き取ったナツ、そして村を覆う氷に違和感を感じるグレイ。様々な謎が絡み合い‥‥この依頼の裏に潜むものとは!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全てが凍りついた「太陽の村」に暮らす巨人たちを救う為、氷を溶かす術を探るナツたち。しかしその前に、村の守護神「永遠の炎」を狙うトレジャーハンターたちが立ちはだかる!! さらに闇ギルド・夢魔の眼(サキュバス・アイ)も事態に介入!! 凍りついた巨人たちに疑念を持つエルザ、凍った地面の下から“誰かの声”を聞き取ったナツ、そして村を覆う氷に違和感を感じるグレイ。様々な謎が絡み合い……この依頼の裏に潜むものとは!?(Amazon紹介より)

  • あの炎のドラゴンがまた出てくるとは思わなかった。案外あっさり氷溶けたな…。この話はバラム同盟の話だったのか!

  • キャラがコミカルで絵が綺麗だから、それだけで読まされてしまう感じ。内容的には、メインキャラ以外の把握が不十分なせいもあって、心ゆくまで楽しめてるとは言い難い。かといって改めて読み直す気もあまり起こらず…まあ、それなりに流れも分かってるし、読んでる間は楽しいから良し。

  • 今後の流れが読めん…

  • 相変わらずおもしれーなー!

  • ルーシィとウェンディとフレアが力を合わせて、逆転(???)勝ちしたところがとても胸にグッときました!!!
    あと、ナツとグレイとエルザのほうもみていてハラハラドキドキして、とても面白かったです!!
    次巻のタルタロス編はとても、楽しみで早く単行本でてほしいです♪♪

  • 【帯より引用】
    氷上の熱戦!凍りついた巨人!!忍び寄る悪魔!!
    “不気味な氷”で覆われた村で。氷の魔導士・グレイが未知なる的に挑む!!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。1998年に読み切り『BAD BOYS SONG』でデビュー。1999年より週刊少年マガジンで『RAVE』を連載。2006年より週刊少年マガジンで『FAIRY TAIL』連載開始。2009年に同作で講談社漫画賞を受賞。

「2016年 『ネオ寄生獣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真島ヒロの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×