七つの大罪(6) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.97
  • (69)
  • (106)
  • (64)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 1520
感想 : 41
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063949889

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

罠に墜ちた大罪たち。ディアンヌの神器獲得のため、闘技大会へ出場した〈七つの大罪〉たち。すべてを忘れて強者との戦いに夢中になっていたかのように見えたメリオダスやバンたちは、しかし、聖騎士の襲来を敏感に感じ取っていた。応戦の準備は万端に見えた〈七つ大罪〉たちだが、予期せぬ聖騎士の陥穽が彼らを待ち受ける! 明かされる真実! 黙示録の扉が開こうとしていた!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 126冊目『七つの大罪 6』(鈴木央 著、2013年12月、講談社)
    『喧嘩祭り編』完結。「戦慄のカノン編」がスタート。
    何から何まで『ドラゴンボール』。もうメリオダスとディアンヌが悟空とチチにしか見えない。
    ここから物語が一つ先に進みそう。

    〈姉妹だもんね〉

  • 鈴木氏のファンタジーの王道さやっぱり好きだわ 既存キャラの後付け巧いよなぁ 徐々に戦闘激化してくのかな

  • アーサー王伝説前日譚、最強最悪の騎士団"七つの大罪"の活躍を描くファンタジー第六巻。神器を求めての喧嘩祭りの続きと聖騎士の陰謀。メリオダスの過去も徐々に明らかに。
    パワーバランスがめちゃめちゃでよくわからなくなってくる。ケインはあっさりしすぎかなあ。

  • バイゼル喧嘩祭りは、聖騎士乱入で幕を閉じる…
    団長とディアンヌの結果が知りたかったけど、男が女を…仲間を…の決着は描けなかったのかなぁ…

    魔神の血を体内に入れパワーアップした聖騎士に劣勢な七つの大罪メンバー。
    団長が変化を遂げ、これからの闘いはどうなるのか?

    ホークちゃんは何気に出来る器用な豚なのが凄い。リボン一つでエリザベスちゃんにあの衣装は凄過ぎる。

    グリアモール曰く、エリザベスは運動音痴らしいけど、一話の逃げっぷりといいそこそこ動きは悪くないよね…

    番外編「教えて 団長‼︎」は、恋心ゆえなのか、それともオープンすけべとムッツリすけべの違いでしょうか?
    キングのあの姿は変態さんそのものだったけど(笑)

  • 天下一武道会()はギーラたちの強襲によってストップ!
    なんやかんやあってベロニカ姉さま死亡!(多分)
    石の中に閉じ込められたメリオダスは邪悪な雰囲気!

    とにかくディアンヌ可愛すぎた

  • やっぱり、ばっちょにはファンタジーが似合う。
    面白い!文句なし!

  • 次巻が気になる~

  • うーん少年漫画してるなぁ

    こういう怒涛に次ぐ怒涛の展開こそ少年バトル漫画の醍醐味だよね。終わりとかどうでもいいからもうガンガンいって欲しい

    メリオダスの明るさの裏にある底知れない「危うさ」がお約束ではあるけどあるけど堪らん

  • 作者が本当に楽しんで書いている漫画だと思う。キングの活躍が結構あり、キング推しのわたしとしては美味しい一巻。

  • ベロニカ姉様っっ‼︎

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』の続編にあたる『黙示録の四騎士』を大人気連載中。

「2021年 『小説 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×