聲の形(2) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.10
  • (148)
  • (190)
  • (86)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 1640
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950045

作品紹介・あらすじ

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。/耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」

「西宮、逃げないでくれ!」。耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。5年後、将也は人生の最後に、西宮硝子に会わなければいけないと決意する。初めて伝わる2人の「こえ」。そして物語は、幕を開ける。1・2巻累計40万部突破。週刊少年マガジンの大反響作、待望の第2巻発売。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 石田が西宮さんに友達になれるか?って聞いたときなんて図々しいんだと思ったけど、なんか気持ちが分からなくもない複雑な気持ちになった。2巻では突然学校に友達ができる。しばらく友達いなかった石田は友達の定義が気になってすぐに馴染めない。でも案外ぐいぐいくる永束。家で料理作ったり余計なお世話だったり、やっぱり永束も友達いなそうなウザさがちらつくのがウケた。西宮さんの妹も登場。ずっと男の子だと思ってた。でも耳が聞こえない姉を守ろうとする姿はグッとくるものがあった。石田が母親に死のうとした事を怒られるところ、泣きそうになった。

  • 登場人物それぞれの複雑な心理描写が秀逸です。

    一巻のツラさとはまた違う、切ないもどかしさ。

  • またねって素敵な言葉だなぁと改めて感じた。

  • 永束くんの「友情ってのは言葉や理屈…それらを超えたところにあると思うんだ」って真実を射ぬいている。

  • 閉ざしていた心が開くとき 大切な関係は生まれていく

    主人公のまわりから×(バッテン)が消えてなくなるといいな

    ごめんなさい ありがとう これくらいのカンタンな手話からマンガを読みながら覚えていける気がする

  • 許してもらうなんて、
    そんな都合の良いことは期待出来ない。
    けれど、少女は許すと言ってくれているような気がする。
    だけれども、少女の母親はそれを許してはいない。
    一度死を考えた少年に、少年の母親は正気を失うくらい、悲しむ。
    誰もが誰かに依存していると言うか、
    依存せざるを得ないと言うか。
    人間関係って、苦しいです。
    苦しいけど、何か期待してしまう。

  • よくこれを少年誌で連載しているものだ。いわゆる壮快感みたいものは全くない。前に進んでいるというよりも、粉々に砕け散ってしまったものをまた寄せ集めようとするかのような物語

  • 少年漫画史上、最強のヒロイン。

    どれくらい最強かというと、人生の後半戦にさしかかったおっさんが、この2巻を1日1回寝る前に読み続けるくらい(いやぁ、気持ち悪い…)。それくらい、じわりじわり。

    なんたる健気さ。
    なんたる不器用さ。

    氷室京介的にいうと、1巻は「STRANGER」、2巻は「ANGEL」。
    (伝わる人には伝わる表現)

    そして、29日発売の『週刊少年マガジン』連載回ですよ。
    「月」が出ていて良かったな、いや、良くなかったのか!?
    こんちくしょー!

    『君に届け』の2巻、黒沼爽子の名シーン以来、震えがとまりません。

    誰か、1巻、2巻と読んで、この最新号のエピソードを読んでくだせぇ。そして、飲んで、語って、3巻の発売を待ちましょう。

  • どきっとさせられる描写や二人の関係性がとても魅力的で惹きつけられる。

  • 硝子と将也の再会後を描く第2巻。お母さんも登場します。
    自分に資格がないとは思いながら、硝子に「またね」と手話で言われて、死ぬつもりだったところを救われ。硝子のために、生きようと決めた将也。

    死のうとしていたことに気づいたお母さんが、将也が稼いだ170万円を「死ぬために稼いだお金なんてうれしくない」と燃やしてしまうところはジーン…。めっちゃいいお母さんじゃないか…。

    結局人をほっとけなくて、自転車をカツアゲ?されそうになってたクラスメートを助けてあげたり、家でした硝子の妹(男装してたけど)を助けてあげたり、やっぱり優しいんじゃないかなぁ、将也って。

    それにしても、ずっと将也にとっては、他人の顔に「×印」がついてたのに、仲良くなったとたん顔が分かった感じ、描写が上手だな~って思った。普段の私たちの生活にもあるよね、こういうこと。
    二人の未来に幸ありますように~!!

全98件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大今 良時(おおいま よしとき)
1989年生まれの漫画家。女性。2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した『聲の形』で入選。2009年より「別冊少年マガジン」で冲方丁の同名小説を原作とする『マルドゥック・スクランブル』の連載によりデビュー。
2013年、入選作品をリメイクした読み切り『聲の形』が「週刊少年マガジン」に掲載された後、同作の週刊連載が開始。同作は宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞するなど各方面で話題を呼んだ。本作は2016年に劇場版アニメーション化されている。

聲の形(2) (講談社コミックス)のその他の作品

大今良時の作品

聲の形(2) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする