ACMA:GAME(5) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (7)
  • (13)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 125
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950335

作品紹介・あらすじ

光聖高校3年・織田照朝は、容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群。それに加え、日本有数の財閥・織田グループの総会長でもある。そんな照朝の前に突如現れたのは、イタリアンマフィア・ベルモンドファミリーの御曹司、マルコ・ベルモンド。マルコが持ち込んだ“悪魔の鍵”によって、照朝の日常は一変する‥‥!! 新連載即、圧倒的人気を獲得した、究極の“頭脳×心理”バトル。それは、誰もみたことのない極限の遊戯!!

上杉潜夜の前に敗れ去った照朝。しかし、織田グループの絆の強さを目の当たりにした潜夜は、敗者に課した命令を破棄する。グングニルによる日本独裁が進む中で、「グングニルを潰す」ために、織田グループ会長の座を辞す照朝。しかし、警察庁理事官・大田によって、グングニルのリーダー・先導者の正体が、照朝の父・清司であると知らされる‥‥。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 照朝の敵である「グングニル」の刺客とのアクマゲーム。
    今回のゲームは頭脳戦。言葉巧みに相手を陥れるって、演技力が必要だよね…
    そんな勝負の最中でも、自分の恋に全力の彩姫が可愛い。勝利した瞬間に抱き付き照れる彩姫がお気に入り♪
    おまけマンガのドッキリブーム、無駄に手が込んでいてアホらしくて面白かった。彩姫に怯える照朝、本気で怒るとどれだけ恐いのよ彩姫は(笑)

  • 潜夜戦での敗北を通し、照朝は織田グループの温かさを知る。
    そして、会長の座を離れ、グングニルのトップ「先導者」と戦う決意をする!
    しかし、警察庁の大田の口から先導者の正体が父「織田清司」だと告げられるーー!!

    まさかの展開にびっくりーー!!
    照朝のお父さんが先導者だなんて信じたくない。。。
    今巻は彩香の活躍が目立った。
    良いキャラクターだな。

  • 若干わざとらしいところがあったが、まあいいんじゃないでしょうか。てか照朝くんのその手は一度使っているので、特に驚きはなかったな……。まあそれだけ相手が小物だったって事か。

  • コルジァ可愛い。
    合間にはさむ、些細なギャグが好き!
    おまけ4コマも相変わらず面白い。

  • 新要素も登場して、
    まだまだ奥が深そうなアクマゲーム。
    何がすごいって、
    毎回よくこんなゲーム考えつくよなぁ(^^;。

    トーナメントの話展開は
    「やはり出てきたか」という感じ。
    この先、どんなキャラクターやゲームが
    登場してくるか楽しみです。

  • 新しい悪魔が出てきたのでほかにどんな悪魔がいるのかが楽しみです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

出身:石川県、血液型:O型、デビュー:『創竜伝』(原作/田中芳樹)、受賞歴:新人漫画賞入選、コミックス:『創竜伝』全5巻。初めて買った漫画『封神演義』、初めて買ったCD:大黒摩季のCD、初めて見た映画:「ゴジラ」、尊敬する漫画家:鳥山明、好きな声優:浪川大輔、好きなスポーツ選手:武蔵。KC『BLOODY MONDAY』全11巻、『BLOODY MONDAY Season2 絶望ノ匣』全8巻、『BLOODY MONDAY ラストシーズン』全4巻

「2014年 『創竜伝(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恵広史の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×