金田一少年の事件簿R(1) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.36
  • (7)
  • (26)
  • (44)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 394
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950397

作品紹介・あらすじ

高校2年生の金田一一(はじめ)は、いつもは気の抜けたひょうきん者だが、実は、かの名探偵・金田一耕助の孫! ひとたび事件に関われば、明晰な推理力で犯人が仕掛けた難解なトリックに、幼なじみの七瀬美雪と共に挑んでいく!! タイトル新たに、パワーアップ!! 一(はじめ)の名推理がますます冴え渡る!!

50年前、雪鬼の仮面をかぶった大男が村人達を惨殺したという雪鬼伝説。この噂が残る雪鬼ヶ岳のスキーリゾートにスタッフモニターとしてやってきた一(はじめ)と美雪。主催者のIT企業関係者、招待客とともに楽しいひとときを過ごすはずだったが‥‥。やがて起きる不可解な事件! 雪鬼ヶ岳に潜む雪鬼の伝説が、恐怖へと姿を変え、人々を喰らう!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 来ないでのシーンはなかった方が良かったのでは。
    というか、ネタがダイナミックすぎてにわかには信じがたい。

  • 何だかんだ言うて金田一好き。

  • 金田一作品お決まりの
    雪山に閉じ込められ
    電波が通じず…状態からの
    殺人事件勃発。
    加害者であった今回の被害者に対して、
    死と言う方向ではなく裁けなかったものか。
    いつも思っちゃうよね。

  • 推理物の定番、金田一シリーズでもお馴染となった雪山での事件。
    ちょっと発言が露骨すぎてわかりやすいなぁ。

  • 学生の頃大好きで読んでいたので、新作が出て買ったんですが読むのを忘れて放置してあったのを見つけて今更読みました(笑)

    トリックは……な感じでしたが、やっぱりはじめちゃんと美雪のやり取りがまた読めるようになって嬉しいです(*^^*)

  • 新シリーズですね。最近は短期間に連載してまたしばらく休載、って感じなんでしょうか。
    雪山での事件遭遇は何度目なんですかね。

  • 1巻無料で読んだんだけど、事件解決してねぇ。ずるいずるすぎる。2巻が気になるぜ

  • 美雪が殺人現場に慣れつつある・・・!(笑)
    雪鬼伝説殺人事件、続きのトリック暴きが楽しみ。

  • 復活は嬉しいニュース。コミックで読むのは初めて。ちょっとまったりとした展開。アニメでいいのかも。

  • 雪鬼伝説殺人事件。2chのようなサイトと、その管理人が登場する。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

画家/さとうふみや
漫画家。1991年に「カーリ!」で週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、デビュー。1995年、「金田一少年の事件簿」で講談社漫画賞を受賞した。ほかの作品に、「探偵学園Q」などがある。

「2018年 『金田一くんの冒険 2 どくろ桜の呪い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうふみやの作品

金田一少年の事件簿R(1) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×