アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (153)
  • (271)
  • (167)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 2597
感想 : 161
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950502

作品紹介・あらすじ

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!

国が燃えている‥。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた‥‥。奈落へと落ちたアルスラーンの運命! 激動の英雄譚、開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 双方の作者が有名な方?という認識で、書店で平積みされている表紙を眺めては手に取ることを躊躇していたのですが…とうとう手を出してしまいました。
    最近、王道であり且つ壮大な物語を読みたいと…思いつつも集中力が持続せず断念していたのですが、このアルスラーン戦記はあらゆるものが適度な分量で描かれている気がするので、ゆっくりお付き合い出来そうな気がしています。
    最後に、双方の作者対談が盛り込まれているのですが、各作者の描くキャラが人物としてストーリーを動かし、読者を楽しませながら終着地点まできちんと進んでいく理由がわかった気がします。

    • 小梅さん
      原作を読んでいないので、どのような構成になっているのか?正直、まだ掴めていない部分もあるのですが、楽しく読ませて頂きました。笑
      他の方のレ...
      原作を読んでいないので、どのような構成になっているのか?正直、まだ掴めていない部分もあるのですが、楽しく読ませて頂きました。笑
      他の方のレビューを拝見した際に、ただの「よくある話」にはならない…みたいな感想も見受けられたので個人的に期待している作品でもあります。原作の方は、まだ2部が執筆中のようなので、その点も含めて気になるところです。
      2014/05/11
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ただの「よくある話」にはならない」
      へぇ~読みたい気持ちにさせる一言ですね。。。
      「ただの「よくある話」にはならない」
      へぇ~読みたい気持ちにさせる一言ですね。。。
      2014/05/12
    • 小梅さん
      そうなんです…私もこの言葉がきっかけで購入致しました。
      昨晩、2巻を読んだのですが荒川さんの描くアルスラーンが個人的に人たらしに見えて…面...
      そうなんです…私もこの言葉がきっかけで購入致しました。
      昨晩、2巻を読んだのですが荒川さんの描くアルスラーンが個人的に人たらしに見えて…面白かったです。
      これから、ひ弱で優男なアルスラーンが周囲の人々とどのような旅をしていくのか…ゆっくり眺めたい思います。
      2014/05/13
  • 荒川さんらしいアレンジですね。これで原作が進めば言うことはないです。(いや、第二の未完の帝王の座を田中氏が狙ってるなら、それはそれでいいんですが……。第一の未完の帝王は永井さんちの豪ちゃんですわよ、ほほほ)

  • 序章だから、「これから」にとっても期待!
    1巻の中から、仲間になったり、敵になったり、
    仲違いしたり、
    色んな人間ドラマがうまれるんだろうなー。

    馬一頭ごとにしっかり描きわけがしてあって、
    さすが荒川先生だ。馬への愛を感じるね。

    アルスラーンは武力で強くなるのか、知略で強くなるのか。気になる。

  • 昔、誰かもアルスラーンコミカライズしていたよね…?エラムが女装していない!って大騒ぎになった記憶が(笑)
    やっぱり天野さんイラストのイメージが強いので、荒川先生だとちょっと違和感。あと世代的に絶対田中先生は通ってきていると思ったのに読んでいなかったのが意外。
    取り敢えず一番好きなエラムが可愛かったので良い。ビンゴで好みすぎた。夜中に絶叫した。
    …うん、読み出した頃はエラムと同い年だったから別に胸張って「エラムが好き」と言えたけど、今はショタに間違えられそうでなんだ…次に好きなダリューンなんて遥か年上の人だったのに…彼すら…(遠い眼)

  • ヨッシャーー!!
    流石荒川弘!!
    原作読んでたけど記憶の彼方だったから、最高に楽しく読破!!
    早く続きが読みたい!!
    そして原作、漫画が追い付かないうちに続編書いて欲しい(笑)

  • 国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた……。奈落へと落ちたアルスラーンの運命!激動の英雄譚、開幕!!(Amazon紹介より)

  • ほええ〜熱いですね、主人公の服いいですね。

  • 2015/04/05 からTVアニメーションが放映開始するのに先立って既刊3巻までをレンタルし読了しました。

    原作小説は未読なため、ニュートラルな状態から読みました。

    強大な武力を背景に栄華を極めるパルス国。その王太子たるアルスラーンを主人公とする王道戦記譚。
    策略や武力の渦中に置かれた、優しくもどこか頼りなくもあるアルスラーンの成長と彼を取り巻く仲間たちの活躍を見守ってゆくことになるでしょう。

    「銀の匙」「鋼の錬金術師」を世に送り出した荒川弘氏によるコミカライズであり、安心して読むことができます。

    TVアニメーションとの進行度合いがどうなるのか、注目点でもありましょう。

  • これは…先どうなってゆくのか…。一気読みしたい作品な予感(*´ω`*)

  • 美しい中世のような世界観をもつ小説のマンガ化。アルスラーン戦記とロードス島戦記は名作?久しぶりだなぁ。これが、鋼の錬金術師のかわいらしい絵でどう表現されていくのか。あの頃読んだ少年の、心に刺さった世界観。楽しみです。

全161件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×