穴殺人(1) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (3)
  • (5)
  • (15)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 114
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950694

作品紹介・あらすじ

となりに住んでいる人は、少しエッチで、清楚で、料理上手な、ごく普通の人でした。ただひとつ残念なことに、彼女は猟奇殺人犯でした。ネット界の巨人から何度も削除され、糾弾され続けた、禁断の人気作。マンガボックス最多読者の支持を得て、ついに単行本化!

覗きました。覗いてしまったんです。アパートの、となりの部屋を。女子大生が住んでいました。夢中になりました。毎日、覗きました。そして知りました。その隣人が殺人鬼であるということを‥‥。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・壁のフックで自殺しようとして穴が開く
    ・ハーフっぽい警察登場

    壁の穴からとなり除くタイプの奴の過激なver。
    ゴチャゴチャ言ってはいるが、殺人に理由がない
    ってことでしょうか。。。

    今後の展開次第。

  • 1巻がピーク。馴れ合いだすとつまらなくなるパターン。

  • 電子書籍にての読了。 猟奇的でクレイジーで倫理観に訴えかけるような作品を描きたかったのだろうけど、描きたいことが空回りしすぎでイマイチな印象でした。 この系統だと僕はギフト±を推奨します!!

  • 設定に期待して様子見。

  • ニコニコ静画キャンペーンにて

    最初の状況がノゾキアナにそっくりで、この先面白くなっていくのかちょっと心配です。

  • わりとガッガッと来る感じ

  • 殺人者の恋人。

    穴は導入ですか。狂気の世界の住民模様と割と楽しい内容。あとはやや粗い絵を何とか。

  • う~ん理解できない。
    今後に期待。

  • 近所の本屋で見かけて思わず購入。ウェブ連載漫画はコミックス化と聞いてもなかなか売ってないことが多いけど、さすが大手出版社。
    各キャラの表情や台詞回しに妙に愛嬌があって、かなりはまる作品です。ヒロイン宮市さんが魅力的。全ページに※ただし美女に限る と書き込みたくなるアウトサイダーな内容。これかわいくなければ死刑…いやかわいくても死刑だった。続きが気になります。ところで面白いけど腐要素はないすねー(とりあえず検討する病気)と思ったが延命寺さんがあれだけがんばってるのだった。特殊すぎて一瞬それと気づかなかった。それはともかく延命寺さんイイネ

  • アプリ「マンガボックス」からの書籍化らしい。
    最近Web・アプリ→書籍化って増えましたね。
    結局は紙媒体なのかなぁ。

    いろいろ問題ありそうなお話(^^;。
    お話としては面白いけど、
    実はけっこう設定関係が甘く(都合よく)感じたり。
    どうなっていくのかなぁこの先。

全11件中 1 - 10件を表示

穴殺人(1) (講談社コミックス)のその他の作品

裸村の作品

ツイートする