はじめの一歩(107) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.38
  • (4)
  • (11)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 213
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063950755

作品紹介・あらすじ

いじめられっ子だった幕之内一歩はひょんなことからボクシングに出会い、熱中していく。一歩は『強いってどういうことだろう?』という素朴な疑問を抱えながら、持ち前の頑張りで過酷な練習に耐え抜き、強くなっていく。数多の強敵との死闘を勝ち抜き、国内屈指のハードパンチを持つ日本王者となった一歩。その次なる目標は遥かなる世界王者への道! 限りなく熱く純粋な一歩のさらなる挑戦が始まった!!

得意の至近距離でゴンザレスと打ち合う一歩! 世界への手応えを感じ第3Rも踏みこむが、待っていたのはゴンザレスからの痛恨の一撃だった! 世界への手応えも、すべてはゴンザレスの巧妙なる罠! 予期すらしなかった被弾に意識を断たれ、一歩はマットに倒れ伏す‥‥!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • はじめの一歩 107(講談社コミックス)
    Round 1045〜1056

  • 出~た~‼️
    必殺のデンプシーロール‼️

  • 世界2位のゴンザレスとの戦い。全く歯が立たずダウンさせられてしまう。「許可ください。テンプシロールを使うことを」ということで、テンプシロール登場となる。ゴンザレスは相手をしなくてもポイントで勝つのに向かってくる。ここで急に殴り屋ゴンザレスにキャラ変する。ヤラれて、盛り返すというパターンですね。

  • -

  • 2016/12/28
    立読

  • 我が名は死神はちょっとカッコ悪い。待っている恋人がいたりする設定とモード死神に違和感があるのだが、これから納得いく展開になるのだろうか。

  • ついにデンプシー発動。ここまで使って来なかった伝家の宝刀。
    八方塞になった状況を打破する最後の一手。

    それが、逆転へとつながるのか。

    向こうも、もう一段階あるんだよな。死神(ミキストリ)モード。
    そこを、乗り越えれるかどうか。それが、世界へとつながっていく道。

  • 一歩のよさは長引かない試合
    大きな試合になって来たから仕方ないけど、最近は引っ張るね

  • 試合の続き。
    何だか負けそうな予感…。
    雑誌派ではないんで、試合がどうなるのかが気になる。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

出身:東京都、血液型:O型、デビュー:1983年「シルエットナイト」。「週刊少年マガジン」で2作品を連載後、『はじめの一歩』を連載、大ヒットとなる。受賞歴:『はじめの一歩』(平成3年度 第15回講談社漫画賞・少年部門受賞)、コミックス:『はじめの一歩』1巻~107巻(以下続刊)。

「2014年 『はじめの一歩(107)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森川ジョージの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×