新海綴の読解録(1) (少年マガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
2.71
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063951134

作品紹介・あらすじ

日常は謎に満ちている‥‥。読書を愛する高校生・新海綴が、古今東西の文学作品をヒントにあらゆる謎を読んで解く! 待望の超新星が描く極上学園ミステリー!!

ちっちゃいくせに上から目線。怠け者でワガママだけど、天才的に頭がいい。この世の何よりも読書を愛する高校生・新海綴が、古今東西の文学作品たちをヒントに、学園に潜むあらゆる謎を読んで解く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 思い描いてたものとちょっと違った。
    学園内で起こったことを新海くんが推理していく漫画だが、
    それはちょっと無理があるんじゃないか?というこじつけのストーリーがあったり。さらに文学もむりくり結びつけようとするので…切り口は新しいけど
    うーん…と思ってしまった。

  • シナリオ、画ともに作り手の技量不足を感じる。成長できるか。

  • 文学がテーマであること、カバーが魅力的であることの二点で購入。
    ミステリーというには事件のからくりが稚拙過ぎるため、主人子が謎を解いたときもあまりカタルシスは感じられない。
    ただ、『檸檬』の話では主人公が感情をあらわにしたり、最後は悪役?らしきキャラも登場し、今後話がドラマティックに盛り上がることに期待を残す。
    個人的に、もっと主人公はズバズバ口汚いほうが読んでいて楽しいと思う。帯に「超ドS」と書いていたのでぶっ飛んだキャラを想像してたもので。

  • 学園、文学作品、推理もの、
    そして主人公のキャラクターと「別の顔」…。
    とても背負ってる要素が多いので、
    ハードル高そうだなぁ(^^;。

    とりあえず1巻は「スタイルを作ってる」という感じ。
    用意された設定が、今後の展開で
    うまくこなれていってくれたらいいな。

  • あくまでも個人的です。
    帯と背表紙に惹かれて買ったものの、ちょっと浅かったかな。
    他の推理物と比べればどうしても見劣りするのと。キャラの個性があまり。そこそこ絵が綺麗なのと本に対する説明が簡単に表記されている点はいいと思う。

  • やっぱりテーマがテーマなのでビブリア古書堂と比べてしまったりなんかしてそうするとちょっと物足りなさがあったりなんかしましたがコレはコレで。
    高校生だしね主人公。学園物だしね。

  • “「他人の作品もいいんですが
    先輩はもう 書かないんですか?」
    「…さあな」”

    謎解きには若干はったり掛けてる感も。
    浅田くんがおかんキャラみたいに若干なってて、二人の馴れ初めも今後知れたら良いな。
    あんまり引きの絵がないから二人の身長差よくわからない、と思ってたら頭一個分ほどあるみたい。

    “「…なるほど それならたしかに説明がつくね!
    相変わらずよくそんなこと思いつくよなぁ
    あれ? でも犯人は何でこんなことしたんだ?」
    「それは わからん!」”

全7件中 1 - 7件を表示

八海薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×