ダイヤのA(45) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.05
  • (15)
  • (11)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 314
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063952889

作品紹介・あらすじ

もう一度、あのミットに投げ込みたい‥・・。 捕手・御幸一也との出会いが、少年の人生を一変させる。沢村栄純15歳。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた!  王道にして斬新。感動と興奮の高校野球漫画!!

勝てば甲子園出場が確定する秋大決勝戦! 1点を追う緊迫の展開は中盤戦に突入。痛めた脇腹のせいかノーヒットの御幸、好調ながらも波に乗りきれない沢村、不安要素を抱えながら、白熱のシーソーゲームは後半へ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想
    最初のシーズンは礼ちゃんの出番が多くて良し!

    あらすじ
    9回まで3-4で薬師がリード。青道ナインの熱い思いも真田の前にあと一本でない。

  • 勝てば甲子園出場が確定する秋大決勝戦!1点を追う緊迫の展開は中盤戦に突入。痛めた脇腹のせいかノーヒットの御幸、好調ながらも波に乗りきれない沢村、不安要素を抱えながら、白熱のシーソーゲームは後半へ!!(Amazon紹介より)

  • 1点差。しびれる展開だね。ここに来て今まで以上を出せるっていうのは、すごいことだよ。がんばれなんて言葉では伝わらないくらい、力を伝えたいというか、なんというか。ここで、打たなきゃ終わってしまう。最後は御幸?どんなドラマが待っているのか。

  • 次巻、いよいよ青道最後の攻撃へ。

  • 代打金丸くんから沢村のバント、麻生くんの流れがなんか良かった。
    薬師の真田くんもすごく成長していて手に汗握る展開。
    一点差のまま9回へ・・・!
    決着が楽しみ。

  • 面白かった

  • 成長のあかし。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

出身:香川県、血液型:O型、デビュー 1999年「マガジンFRESH」夏号『メンバー』、受賞歴:第62回新人漫画賞・佳作、コミックス:『GIANT STEP』全4巻、『ダイヤのA』1~41巻(以下続刊)。『ダイヤのA』で第53回小学館漫画賞・少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門をダブル受賞。

「2014年 『ダイヤのA(41)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺嶋裕二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×