ダイヤのA(46) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.29
  • (21)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 300
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063953442

作品紹介・あらすじ

もう一度、あのミットに投げ込みたい‥・・。 捕手・御幸一也との出会いが、少年の人生を一変させる。沢村栄純15歳。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた!  王道にして斬新。感動と興奮の高校野球漫画!!

秋大決勝戦9回表。青道は1点のビハインドで、すでにワンナウト、ランナーなし! 絶体絶命のピンチで打席に立つのは、2番・東条秀明。突破口は開けるのか!? ついに激闘の決勝戦に幕が下ろされる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • センバツ出場決定。

  • 秋大決勝戦9回表。青道は1点のビハインドで、すでにワンナウト、ランナーなし!絶体絶命のピンチで打席に立つのは、2番・東条秀明。突破口は開けるのか!?ついに激闘の決勝戦に幕が下ろされる!!(Amazon紹介より)

  • ドキドキさせられたわ。最後の抑えは、言葉はないからこそ、伝わってくるものがあって、真の強さを感じました。念願の甲子園へ。監督の男泣きもカッコよすぎるよ。3年生の力も、本当に大きかったと思う。それを伝えられることも本当に素敵なこと。このチームの絆の強さも感じます。さて、夢の舞台へ向けてエースは誰がとる?最終巻楽しみです。

  • 第1部完、薬師戦終結。

    9回裏の攻撃、描き方があっさり過ぎるなぁ。
    普通なら轟まで回る展開になりそうだけど、怪物過ぎて抑える場面を描き辛いから回さなかったのかな(笑)

  • 御幸がすごい。
    怪我してるのに盗塁、ホームイン。
    その後見せた表情がすごく良かった。
    御幸のこんなにきつそうな顔も笑顔も初めて見たような気がする。
    片岡監督の涙と、三年生に向けた言葉が泣ける。
    沢村から降谷への宣戦布告も格好良すぎた。
    続きも楽しみ。

  • 誰かの見せ場あるたびに泣いてしまう。ラスト、見開きになった沢村の表情、こういう顔で、この台詞言えるとこまで来たんだなあ。沢村も、このマンガも。

  • 監督〜〜〜‼︎

  • ①~㊳巻まで立ち読みで済ませ
    ㊴~㊻巻まで買って一気読み( ・`ー・´) + キリッ。

    王道の高校野球漫画。

    秋大準決勝は成孔学園、
    降谷の後を継ぎ8回からマウンドに立った沢村栄純、
    9回を戦い抜いて5対5の同点、
    試合は延長戦へ、
    そしてチーム一丸となった総力戦で勝ち決勝は薬師高校と!!

    みんなで監督を甲子園へ連れて行く。
    思いは強いが降谷は捻挫で1イニングしか投げれず
    御幸は前の試合で脇腹を痛めていた…。
    接戦に次ぐ接戦…
    ノリ先輩に変わり5回から投げる栄純。
    一試合ごと成長中、
    そして9回試合を〆たのは……!!

    片岡監督の涙…漢を感じるね

    そして栄純の新たな決意

    久々、ハマった漫画で、ドキドキ、ワクワクの連続だったよ(〃艸〃)ムフッ

    まとめて一気読みでトータルすると★5つ!!

  • 夏のリベンジ。

  • やったね!

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:香川県、血液型:O型、デビュー 1999年「マガジンFRESH」夏号『メンバー』、受賞歴:第62回新人漫画賞・佳作、コミックス:『GIANT STEP』全4巻、『ダイヤのA』1~41巻(以下続刊)。『ダイヤのA』で第53回小学館漫画賞・少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門をダブル受賞。

「2014年 『ダイヤのA(41)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺嶋裕二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×