七つの大罪(14) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (28)
  • (70)
  • (44)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 659
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063953718

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

いま目醒める〈悪夢語り〉! 〈七つの大罪〉の活躍により、ヘンドリクセンを撃破し、平和を取り戻したリオネス。しかし、その代償として、驚嘆すべき〈敵〉が目醒めようとしていた‥‥!! 王都を震撼させる、その敵の正体とは!? 妖精王の森、キャメロットでも異変勃発!! 罪人たちと、この世界の全貌が、ついにそのベールを脱ぐ!!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱりゴウセルこえー。でも好き。
    マーリンも捨てがたいけど。

  • いま目醒める〈悪夢語り〉!〈七つの大罪〉の活躍により、ヘンドリクセンを撃破し、平和を取り戻したリオネス。しかし、その代償として、驚嘆すべき〈敵〉が目醒めようとしていた……!!王都を震撼させる、その敵の正体とは!? 妖精王の森、キャメロットでも異変勃発!!罪人たちと、この世界の全貌が、ついにそのベールを脱ぐ!!!!(Amazon紹介より)

  • ササキさんのオススメ。面白かった。

  • 通告書にそっくりのかお!!!

  • 七つの大罪の次は十戒ときたか。偶像崇拝の禁止とかどんなモチーフになるんだろう

  • 思ったよりバンが活躍しなかったなーという印象です。ディアンヌが過去の事を思い出しキングとの中がどうなるのかも見ものですが封印されていた悪魔族たちとメリオダスとの関係もとても気になりました。

  • 〈七つの大罪〉の活躍により、ヘンドリクセンを撃破し平和を取り戻したリオネス。しかし、その代償として驚嘆すべき〈敵〉が目覚めようとしていた!
    王都を震撼させる、その敵の正体とは!?
    妖精王の森、キャメロットでも異変が勃発。
    罪人たちと、この世界の全貌がついにそのベールを脱ぐ。

    バンエレが改めて強調された巻だったなぁ。ジェリコには悪いけど、勝ち目は全くないと思う。しかしエレインの身体ってまだそのままあったんだな、妖精は消えないんだったか。
    バンが妖精王と呼ばれ、キングが裏切り者と罵られるという複雑な展開。まぁ仕方ない気はするけど、キングにとってはきつい。
    ただ救いなさそうなキングだけど、ディアンヌが記憶を取り戻してくれたのは嬉しい。これでようやくキングの恋も何とかなりそう。
    一方で何故か変な方向に暴走し始めたのはゴウセル。あれは予想外。なんか色々と不思議なキャラだったけど、ここまでくると怖い物がある。
    何だかヘンドリクセン、ドレファスのおかげで厄介な敵が現れたみたいだし、まだまだ続きそう。

  • ついに大切な人への想いに気づく。
    あー成就してくれ。

  • 前回のボスがずいぶんあっさりだなと思ってたら。
    上には上がいるということですね。

  • 少年漫画ながらしっかり恋愛を描いててわくわく。戦闘力がわかっちゃうのがすごくつまらない。好きなキャラもいるし伏線も気になるし、どう成長していくのか、とかいろいろ気になるけど、戦闘がつまらない…。さらっと心情がぐっと変化してたり、さらっと衝撃の設定公開されたり、そのさらっと描かれてる部分をしっかり見たい気がする。ちょっと歯がゆいので巻数溜まったら読みたい。と思いつつ気になるので本誌読んじゃう…。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鈴木央(すずき なかば)
1977年生まれ、福島県須賀川市出身の男性漫画家。
2012年、『週刊少年マガジン』にて連載開始した『七つの大罪』がヒット作となり、テレビアニメ化されるとともに、第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞。
その他代表作として、一度打ち切りされながら終了後の反響が大きかったため再連載が決定した『ライジングインパクト』(『週刊少年ジャンプ』では極めて珍しい例)、『金剛番長』などがある。

七つの大罪(14) (講談社コミックス)のその他の作品

鈴木央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

七つの大罪(14) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする