アホガール(6) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (3)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 162
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063953930

作品紹介・あらすじ

「週刊少年マガジン」で連載開始早々、圧倒的な反響を得たアホの子漫画が単行本になりました! アホすぎる女子高生・よしこの日常は、とにもかくにもアホすぎて、幼なじみのあっくんも思わずグーで殴るレベル!? 読むと結構元気になる、漫画スタート!!

よしこのために、さやかがサンタに変身! 一方、ストーカーの風紀委員長は愛するあっくんのもとへ…。大波乱だらけのクリスマス編のほか、お正月やよしこの誕生日など爆笑のアホの子エピソード満載! 描き下ろしのおまけページも超充実の最新6巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ほんと面白いなー。
    おいしいキャラが沢山いるのが魅力だよね(^^)

  • さやかちゃんがいい人すぎてヤバい。君が止めなきゃ誰が止める。個人的にはカニバナナ鍋の話が好き。(こんなの感想書けるかよ……)

  • 委員長が好きです

  • ホント、電車の中では読めない
    週刊少年マガジンから月刊別冊マガジンに移籍してしまったのは、正直、ファンとしてはショックなのだが、さすがに、この質の高さを週刊連載で維持するのはキツいだろうな
    しかも、週マガには氏家ト全先生の『生徒会役員共』も掲載され、知らず知らずのうちに、この四コマ漫画のレベルに引っ張られて、『アホガール』は更に面白くなっただろうが、同時にヒロユキ先生の体力も奪ったんだろう
    週刊連載時より、更に面白くなるよう、先生が描きやすいペースで、これから、別マガでやる気を発揮して欲しいものだ
    しっかし、ホント、大笑いしてしまう
    ファンタジー系や歴史系四コマ漫画でなく、学生が登場人物の四コマならば、自分の傍にいる友人の姿や個性を投影したり、「どっかの学校にいそうだよな」と思ってしまうが、この『アホガール』にはそれが出来ない
    全員、良くも悪くも個性が個性的すぎる。よしこは空前絶後のアホ、あっくんは女難が濃すぎ、さやかちゃんは底抜けに善人の苦労人、風紀委員長は完全に犯罪者の痴女、こんな人間が高校生として実在するか?いや、してちゃダメでしょ!?特に、風紀委員長、最初こそ、行き過ぎにしろ、ピュアさを感じていたから、その恋路を阻む気もなかったが、今は違う。即刻、退学処分どころか、ブタ箱にブチ込みたくなる。別に、あっくんとよしこをくっつけたい訳じゃないが、風紀委員長の毒牙にかかるくらいなら、まだ、天真爛漫なよしこに彼の童貞を奪わせるサポートをするな
    ただ、この風紀委員長が暴走してくれるからこそ、『アホガール』が面白くなっているのは確かだ
    あと、前々から思ってて、掲載誌が変わるってのはイイ機会だと思うから言うが、『アホガール』ってタイトル、内容にもっと合わせるなら、複数形の『アホガールズ』にするのが正しいんじゃないかな、と・・・でも、それだと、くどいか?
    この台詞を引用に選んだのは、これぞ愛だから。よしこの数えきれないほど多い長所の中でも、この一途さはピカイチだ。まぁ、彼女は欠点の方が多い訳だが

  • 風紀委員長・・・。
    作者が設定を3年生なんかにしたばっかりに留年させられるとは。
    ちなみにパンツを抜き取るワザの初出は『ついでにとんちんかん』だと思う。
    その名も「抜き取りパンツ」!
    修得したさでは個人的に『さすがの猿飛』の「神風の術」よりも上をいく素晴らしいワザだ!
    しかし、そのワザを持ってしても甘子ちゃんのパンツが抜き取れなかったため、
    甘子ちゃんを除いた怪盗とんちんかんメンバーが招集されるというハートフルストーリー。

    バナナ型の抱き枕、温泉旅行に行ける程の金額なんだろうか?
    ていうか、だとするとそれを用意してきた さやか ちゃんすげぇ!
    実はお嬢様なのか!?

    カニは・・・あの殻を剥く労力に見合うだけの美味しさがあるとは思えないんだよなぁ。
    で、カニといえば、昔『こち亀』で両さんが毛ガニの殻にカニかま詰めて格安で販売した話があったけど、
    あれはわりと悪くない商売だと思った。

    実際のところ、よしこの外見ってどうなんだろう。
    ホントに中の下なんだろうか?
    唯一下着姿の描かれるキャラなんだから、そこんところスゴく重要!!

  • 毎回思うことだがここまでアホな子は、見ている分にはおもしろいが、実際に関わっているとものすごく心労がたまりそうだ。
    この巻では委員長がいよいよ人生を踏み外しだし、近所の子供の希もどんどん不安になっていく。まわりがどんどんおかしくなっていく中、あっくんは果たしてまともでい続けられるのだろうか?

全8件中 1 - 8件を表示

ヒロユキの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×