ハピネス(1) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (13)
  • (18)
  • (26)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 281
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063954449

作品紹介・あらすじ

「このまま死ぬ? それとも、同じになる?」。謎の少女に襲われ、決断を迫られたあの夜──。幸せでも、不幸でもなかった僕のありきたりな日常は、跡形もなく壊れてしまった…。『惡の華』押見修造が描く、鮮血のダークヒーロー奇譚!

謎の少女に襲われ、決断を迫られたあの夜──。幸せでも、不幸でもなかった僕のありきたりな日常は、跡形もなく壊れてしまった…。首筋に残った“傷”。何かを求めて、止まない“渇き”。冴えない高校生だった、岡崎を待ち受ける運命とは…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻
    設定はありきたりな感じだけど何故か面白かった。やっぱり絵がいい。最後勇樹ツンデレで笑った

  • よくある吸血鬼ものだといえばそれまでなのだけれど、この先どうなるのか全く先の読めない雰囲気が漂ってて気になる。
    このまま耐えていくのか。
    女の子は再び出てくるのか。
    もう一人の女の子はなんなのか。

  • 荳サ莠コ蜈ャ縺ッ繝代Φ縺ョ雋キ縺?↓陦後°縺輔l繧九h縺?↑豌励?蠑ア縺?ォ俶?。1蟷エ逕溘?逕キ縺ョ蟄舌?

    縺昴?逕キ縺ョ蟄舌′縺ゅk譌・縺ョ螟懊?∝・ウ諤ァ縺ョ蜷ク陦?鬯シ縺ォ鬥也ュ九r蝎帙∩縺、縺九l繧九?
    蜈・髯「縺九i蝗槫セゥ縺励?∝ュヲ譬。縺ォ陦後¥縺ィ菴薙′蜍晄焔縺ォ蜍輔>縺ヲ縲√%繧後∪縺ァ繝代Φ繧定イキ縺?↓陦後°縺輔l縺溽塙縺ョ蟄舌r谿エ繧九→縺?≧陦悟虚縺ォ縲
    繧医¥縺ゅk隧ア縺?縺代←縲√◎繧御サ・譚・蜻ィ繧翫?諷句コヲ縺悟、峨o繧翫?∝・ウ縺ョ蟄舌?蜿矩#繧ょ?譚・繧九h縺?↓縲

    蜒輔%縺?>縺?ゥア螂ス縺阪?
    螳滄圀縲∝ュヲ譬。縺ァ繧り?蝣エ縺ァ繧ゅ◎縺ョ謇九?繝、繝?▲縺ヲ繧ャ繝?Φ縺ィ荳?逋コ縺九∪縺吶→荳?豌励↓霑大ッ?i縺ェ縺上↑繧九o縺代□w
    蜒輔?諤ァ譬シ縺梧が縺??縺ァ縲???螻医↑譎ゅ?繧上*縺ィ縺昴?謇九?繝、繝?↓豌励′蠑ア縺??蠎ヲ繧偵→縺」縺溷セ鯉シ医◎縺?☆繧九→繝舌き縺サ縺ゥ隱ソ蟄舌↓荵励kw?峨?√?後◎繧阪◎繧阪>縺???粋縺?°縺ェ縲阪→繧ソ繧、繝溘Φ繧ー繧定ヲ玖ィ医i縺??√ぎ繝?Φ縺ィ繧?k?医ぎ繝?Φ縺ッ谿エ繧九↓髯舌i縺ェ縺?シ峨?
    縺ァ縲∽ク?豌励↓縺昴>縺、繧偵え繝ゥ縺九i繧ェ繝「繝?°繧芽ソス謦?@縺ヲ縲∫音縺ォ繧ウ繝溘Η繝九ユ繧」蜀?〒遶句?エ縺梧が縺上↑繧九h縺?↓霑ス縺?セシ繧薙〒縺励∪縺?s縺?繧医?繝サ繝サ繝サ繝帙Φ繝医↓蜒輔▲縺ヲ諤ァ譬シ謔ェ縺ж

    縺ゅ?√〒繧りゥア縺ッ縺薙l縺梧悽遲九§繧?↑縺上※縲√%縺ョ蜷ク陦?鬯シ縺ィ縺ョ髢「菫ゅ′辟ヲ轤ケ縺ォ縺ェ繧九∩縺溘>縺ュ縲
    2蟾サ莉・髯阪b讌ス縺励∩縺?w

  • -

  • ヴァンパイア物だけど、描きたいことは一貫して思春期の心の葛藤なのだろう。
    北欧映画「ぼくのエリ」の雰囲気に似ている。
    日常の中の異物の感触に何かゾワゾワとするのだ。
    平凡で気弱な少年はある日突然、異物となった。
    特異な存在になった高揚感と排除される恐怖と孤独。
    逸脱の物語だ。

  • 同じタイトルで別の作品を探してる途中、偶然見つけた。
    うん、続きが気になる。

  • 設定は典型だけど展開は良い、先が楽しみな感じ

  • 吸血鬼
    17.09.28 06巻up

    1-06巻 続

  • うーん、微妙なライン、これは名作にならない予感しかしない、押見修造の思春期こじらせ漫画は嫌いじゃないけれど、この漫画は将来性があまり期待できませんでした。ムラムラしたっすか?と言ってきた女の子もそんなに可愛いわけじゃないけど妙なエロさはありそこは好印象かな

  • 変態オタ男子が困惑。勘違い。たまらない

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

★漫画家。2002年、講談社ちばてつや賞ヤング部門の優秀新人賞を受賞。翌年、別冊ヤングマガジン掲載の『スーパーフライ』にてデビュー。同年より同誌に『アバンギャルド夢子』を連載した後、ヤンマガ本誌にて『デビルエクスタシー』などを連載。2008年より漫画アクションに連載した『漂流ネットカフェ』は、テレビドラマ化された。翌2009年より別冊少年マガジンにて『惡の華』を連載。

「2014年 『惡の華(11)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハピネス(1) (講談社コミックス)のその他の作品

押見修造の作品

ハピネス(1) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする