七つの大罪(16) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (14)
  • (49)
  • (45)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 625
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063954586

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

三千年の眠りから醒めた魔神族の精鋭〈十戒〉。その一人「真実」のガランに粉砕され、〈大罪〉たちは斃れた……。窮地を救うか、ゴウセル。合流する妖精王。恩讐を越え、ブリタニアを破滅から救え! ディアンヌの外伝「少女は叶わぬ夢を見る」も完全収録! 掟に苦しむ乙女の祈りと成長!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょっとマンネリかなー

  • ゴウセルはいつも余計なことをするなぁ。
    ディアンヌの過去を掘り下げるのは嬉しいかも。
    死んだと思われてたが実は生きていたパターン多すぎないかw

  • 三千年の眠りから醒めた魔神族の精鋭〈十戒〉。その一人「真実」のガランに粉砕され、〈大罪〉たちは斃れた……。窮地を救うか、ゴウセル。合流する妖精王。恩讐を越え、ブリタニアを破滅から救え! ディアンヌの外伝「少女は叶わぬ夢を見る」も完全収録! 掟に苦しむ乙女の祈りと成長!!(Amazon紹介より)

  • すぐ忘れてしまう。。

  • 三千年の眠りから醒めた魔神族の精鋭〈十戒〉。
    その一人「真実」のガランに粉砕され、〈大罪〉たちは斃れた。窮地を救うか、ゴウセル。
    合流する妖精王。恩讐を越え、ブリタニアを破滅から救え!
    ディアンヌの外伝「少女は叶わぬ夢を見る」も完全収録。掟に苦しむ乙女の祈りと成長。

    ちょっとゴウセルが何したいのかもう理解不能。もう少し機械的ながらも人間味あったような気がしたんだけど、気のせいだったのか?
    せっかく合流したキングには本当に悲しい展開に。そりゃあぶん殴りたくもなるよ。
    一方でまさかの再登場なヘンドリクセン。ドレファスの方が真の黒幕でしたーという展開から、実は操られていたんだよオチでえええってなる。
    すっかり闇落ちから復帰したみたいで喜ばしいけど、そりゃあ非難轟々でしょう。やらかしまくったし。過去話がちょっと後付けすぎないかとか思ったり。
    ディアンヌはゴウセルのせいで記憶が退行していき、皆の元を飛び出しちゃったけど、これ間に挟んだ番外編なかったら印象ぜんぜん違うよ。
    というか普通に本編に混ぜるべき話だよね。前の妖精王の過去話とかも思ったけど、コミックス派はともかく本誌読みだと微妙な感じにならないのかな。

  • うおおおお嫉妬ってそういうことかよおおお!!!

  • キングが不憫でならない←
    そしてディアンヌ過去編パート2、マトローナのおかげでディアンヌは強くなったのね…

  • 小学生くらいの頃に読んでたらどハマりしてただろうなぁこんなん。

  • メリオダスのあっけらかんとした感じが好き。ホークちゃんが歩くときの「とんとことこ」とかふんっ!って鼻息を荒くするのが好きです。めちゃかわいい!!

  • -

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』を大人気連載中。

「2018年 『小説 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木央の作品

七つの大罪(16) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする