七つの大罪(18) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.81
  • (15)
  • (37)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 529
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063955613

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

ブリタニア制圧を掲げ進軍する〈十戒〉! 迎え撃つは、凄絶な試練を乗り越えたメリオダスと歴戦の騎士たち。だが、生殺与奪をほしいままにする魔神族に抗うのは彼らだけではなかった……。辺境から来る友軍。その実力は!? 一方、〈大罪〉を抜け旅を続けるバンは、死者復活の手掛かりを求め因縁の地へ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 闘級とかいう数値にウンザリして読むのやめようか迷ってたけど、この巻は良かったなあ。バンの幼年期の話。

  • 悔しいけど面白すぎる!
    感情を揺さぶられる。

  • ブリタニア制圧を掲げ進軍する〈十戒〉! 迎え撃つは、凄絶な試練を乗り越えたメリオダスと歴戦の騎士たち。だが、生殺与奪をほしいままにする魔神族に抗うのは彼らだけではなかった……。辺境から来る友軍。その実力は!? 一方、〈大罪〉を抜け旅を続けるバンは、死者復活の手掛かりを求め因縁の地へ!(Amazon紹介より)

  • ジバコ…

  • ブラックなエレイン。

  • ブリタニア制圧を掲げ進軍する〈十戒〉!
    迎え撃つは、凄絶な試練を乗り越えたメリオダスと歴戦の騎士たち。
    だが、生殺与奪をほしいままにする魔神族に抗うのは彼らだけではなかった。
    辺境から来る友軍。その実力は!?
    一方〈大罪〉を抜け旅を続けるバンは、死者復活の手掛かりを求め因縁の地へ…!

    修行終了。十戒も分散して各地を襲い始めるし、焚きつけた以上速やかに何とかしてくれないと一般人ばかり被害に遭うよこれ。
    そういえば割とあっさりとエリザベスがリズの生まれ変わりだと判明。これでメリオダスとくっついても問題なし、ということなんだろうか? 出生の謎が残ってるのが気になるけど。
    そんで今回は妖精の森からちょっと出番のなかったバンサイド。何故か当たり前のようにジェリコが一緒に行動していて、まぁバンはエレイン一筋だし心配はないけど、複雑ではある。ジェリコも悪い子じゃないけど、個人的にはエレイン一択だなぁ。
    というわけで邪法とはいえエレイン復活展開は大変おいしかった。おまけに黒エレインで嫉妬剥き出して、辛い展開なんだけどそれだけバン好きなんだよなと思うとやっぱりおいしい展開。
    バンもそんなエレインを否定しないのが素晴らしいね。
    ここは何とかこのままエレイン復活を維持していただきたいところ。キングもくれば何とかなるかな。というかこの兄妹何で羽ないんだろ?

  • バン!!!!!!ジェリコ可愛い。ジバゴ!!!!

  • 今巻はやはりバンでしょう。

    バンとジバゴに泣いてバンとエレインにキュンとした^^

  • 最高に可愛くてヤンデレなエレインに拍手!←
    バンの幼少期かわいかったな。まさか育ての親的なのがいたとは。そして最後の番外編のエレインかわいい…(かわいいしかいってないな)

  • 数値が出てくるとうーん…と感じてしまうのは今回も続く。まぁずっと読んでるし面白いから続きも買うけども。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』を大人気連載中。

「2018年 『小説 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木央の作品

七つの大罪(18) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする